ubuntu-support-statusコマンドでUbuntuのサポート期間を確認する

Ubuntuのサポートがいつ終了するか端末で確認できる

ubuntu-support-statusとは、Ubuntuにインストールされているパッケージのサポート期間を端末に表示するコマンドです。

ubuntu-support-status コマンド Ubuntuのサポート期間

Ubuntu 17.10 (GNOME 3.26) - ubuntu-support-status コマンド
バージョンインストール方法起動方法
ubuntu-support-statusデフォルトでインストール済み端末から「ubuntu-support-status」コマンドを実行する

今使っているUbuntuのサポートがいつ終了するのか気になったときに、すぐに端末で確認できるのが、ubuntu-support-statusコマンドです。

コマンドを実行するだけで、サポートが何年何月で終了するのか、また、サポート期間が何か月間なのかを端末に表示します。

端末にUbuntuのサポート終了月とサポート期間を表示する

ubuntu-support-statusコマンドは、デフォルトでインストールされているので、すぐに使うことができます。端末を起動したら、まずはオプションなしで実行してみましょう。

$ ubuntu-support-status
'ubuntuapps' のサポート状況の概要:

1713 個のパッケージ (72.5%) は、7月 2018 (9m) までサポートされます

21 個のパッケージ (0.9%) は、ダウンロードできません
629 個のパッケージ (26.6%) は、サポートされていません

現在使用しているのはUbuntu 17.10で、そのサポート期間は、2018年7月までの9ヶ月間です。

ubuntu-support-statusコマンドの実行結果には、「サポート状況の概要」として、ほとんどのパッケージが「7月 2018 (9m) までサポート」されるのがわかります。

これが今使用しているUbuntuのサポート終了月とサポート期間になります。

「ダウンロードできません」には、手動でインストールしたdebパッケージなどが含まれます。

また、「サポートされていません」には古いパッケージが含まれますが、Ubuntuではソフトウェアセンターからインストールしたアプリでも、サポートパッケージとは限らないので、通常のソフトウェアの更新を行っていれば、特に気にすることはないでしょう。

次に「--show-all」オプションを付けて、ubuntu-support-statusコマンドを実行してみましょう。

$ ubuntu-support-status --show-all
'ubuntuapps' のサポート状況の概要:

1713 個のパッケージ (72.5%) は、7月 2018 (9m) までサポートされます

21 個のパッケージ (0.9%) は、ダウンロードできません
629 個のパッケージ (26.6%) は、サポートされていません

ダウンロード不可能なパッケージ:
easyimagesizer flap-app-launcher libavcodec-ffmpeg56 
libavformat-ffmpeg56 libavutil-ffmpeg54 libbluray1 
libboost-filesystem1.58.0 libboost-regex1.58.0 libboost-system1.58.0 
libboost1.58-dev libdvdcss2 libicu55 libopenjpeg5 
libschroedinger-1.0-0 libswresample-ffmpeg1 libswscale-ffmpeg3 
libvpx3 libwebp5 libx265-79 thunar-thumbnailers ubuntu-cleaner 

サポートされていないパッケージ: 
apt-xapian-index ark bombono-dvd bombono-dvd-data breeze-icon-theme 
cabextract catdoc cdparanoia cdrdao cdrskin chrome-gnome-shell 
chromium-codecs-ffmpeg-extra dconf-editor dvd+rw-tools dvdauthor 
dvdisaster dvdisaster-doc enca exfalso exo-utils fcitx fcitx-bin 
fcitx-data fcitx-frontend-all fcitx-frontend-gtk2 fcitx-frontend-gtk3 
fcitx-frontend-qt4 fcitx-frontend-qt5 fcitx-module-dbus
・・・・・・(以下、省略)

7月 2018 (9m) までサポートされるパッケージ:
accountsservice acl acpi-support acpid adduser adium-theme-ubuntu 
adwaita-icon-theme aisleriot alsa-base alsa-utils anacron apg 
app-install-data-partner apparmor apport apport-gtk apport-symptoms 
appstream apt apt-utils aptdaemon aptdaemon-data apturl apturl-common 
aspell aspell-en at-spi2-core autoconf automake autopoint 
autotools-dev avahi-autoipd avahi-daemon avahi-utils baobab 
・・・・・・(以下、省略)

今度は、それぞれの項目に該当するすべてのパッケージがリスト表示されます。

各行には、スペースで区切られてパッケージ名が並んでいるので、注意して見るようにしましょう。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2018 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

stretchly - 定期的に休憩時間を知らせてくれるリマインダーアプリ Dec 15, 2018

Ubuntu 18.04でmacOS Mojave風のライトモード/ダークモードの両方が使えるテーマ Dec 12, 2018

Padlock - スカイブルーが美しいシンプルなパスワード管理アプリ Dec 07, 2018

Dusk Player - アルバムフォルダを選んで再生するシンプル音楽プレイヤー Dec 01, 2018

StatusPilatus - 情報量が豊富なレスポンシブデザインのシステムモニタ Nov 25, 2018

JGalaxian - ギャラクシアンそっくりのクローンゲーム Nov 21, 2018

Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com