justmd - WebページをそのままMarkdown記法に変換できるMarkdownエディタ

Webページからテキストや画像を貼り付けるだけでHTMLをMarkdownに変換

justmdとは、Linux, Windows, macOSで使えるElectronベースの軽量Markdownエディタです。

justmd Ubuntu Markdownエディタ

justmd http://i38.me/justmd/

Ubuntu 17.10 (GNOME 3.26) - justmd Markdownエディタ
バージョンインストール方法起動方法
justmd 1.1.1justmdのトップページから「justmd-linux-x64-v1.1.1.tar.gz (55MB)」をダウンロードして解凍する実行ファイル「justmd」をダブルクリックして起動

Webページの特定の範囲をそのままMarkdown記法に変換したいときに便利なのが、justmd Markdownエディタです。

justmd独自のスマートペースト機能が搭載されており、Webページからテキストや画像を貼り付けるだけで、簡単にHTMLをMarkdownに変換することができます。

また、ソースコードとプレビューをシンクロさせてスクロールする同期スクロール機能もあり、Markdown記法を確認するのに最適です。

Webページを範囲選択してスマートペーストでMarkdownに変換する

justmdは、インストール不要の実行ファイル形式のアプリケーションです。

justmdのトップページ下部にあるダウンロードリンクから、「justmd-linux-x64-v1.1.1.tar.gz (55MB)」をダウンロードして解凍したら、フォルダ内にある「justmd」実行ファイルをダブルクリックして起動しましょう。

なお、justmdをUbuntu Dockから起動したい場合は、「Ubuntu 17.10のDockに実行ファイルのアイコンを追加する方法」を参考にしてください。

justmd Ubuntu Markdownエディタ スマートペースト

Markdown記法に変換したいWebページを範囲選択したら、「Edit」メニューから「Smart Paste」を選ぶか、「Alt + V」キーで貼り付けましょう。

justmd Ubuntu Markdownエディタ プレビュー

左側がMarkdownに変換されたコード、右側がプレビューです。

マウスホイールでスクロールしてみるとわかりますが、コードとプレビューが同時に動くので、どこのMarkdownなのか確認しやすいですね。

Webページの範囲選択に含まれていた画像やリンクなども、正常にMarkdownに変換されているのがわかります。

テキストの保存形式は、デフォルトでMarkdownファイルの「.md」ですが、HTMLとして保存したいときは「File」メニューから「Export HTML」を、また、PDFとして保存したいときは「Export PDF」を選びましょう。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2020 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Desert - 白とグレーを使わない黄褐色の落ち着いたテーマ Nov 28, 2020

The Circles - デスクトップに時計やCPU・メモリ使用率のサークルウィジェットを表示する Nov 21, 2020

Ubuntu 20.04でデスクトップからのドラッグ&ドロップを有効にする Oct 31, 2020

WhiteSur - Ubuntu 20.04をmacOS Big Sur風にするテーマとアイコン Oct 17, 2020

duf - ディスク使用量や空き容量を表形式で表示するコマンドラインツール Oct 10, 2020

OClock - パネルの時計をアナログ時計に置き換えるGNOME Shell 拡張機能 Sep 26, 2020