Ksnip - 注釈機能が便利なQtベースのスクリーンショットツール

ルーラーや選択サイズ情報で正確に範囲を区切ることができる

Ksnipとは、Qtベースで開発されたクロスプラットフォームのシンプルなスクリーンショットツールです。

Ksnip スクリーンショットツール

GitHub - ksnip: Ksnip is a Qt based cross-platform screenshot tool

スクリーンショットの対象は、選択範囲、全画面、アクティブウィンドウの3つから選択でき、また、選択範囲の場合はルーラーや拡大鏡、現在のピクセル数が表示されるので、正確に範囲を区切るのに適しています。

撮影した画像はすぐに描画ツール内に表示され、その場でペンや線、マーカー、図形、記号などで注釈を付けることができます。

【動作確認 Ubuntu 20.04, Ksnip 1.7.3】

Ksnipのダウンロードと使いかた

Ubuntu 20.04で動作するKsnipは、インストール不要のAppImage版として提供されているので、ダウンロードするだけですぐに使うことができます。

GitHubのリリースページにアクセスしたら、「ksnip-1.7.3-x86_64.AppImage (23.3MB)」をダウンロードしましょう。

あとは、ファイルマネージャを開いてAppImageファイルのプロパティから実行権限を与えれば、ダブルクリックするだけで起動できます。

新しいスクリーンショットを撮るには、ツールバーの「新規」ボタンをクリックします。

Ksnip スクリーンショットツール 選択範囲

デフォルトは選択範囲で、最初にルーラーが、次に選択サイズの縦横ピクセル数が表示されます。また、カーソル位置には拡大鏡も表示されるので、正確に範囲を切り取ることができます。

Ksnip スクリーンショットツール 注釈機能

スクリーンショットを撮ると、描画ツール内に画像が表示されるので、あとは、左側のツールバーからペンや線、マーカー、図形、記号などを選んで、自由に注釈を追加していきましょう。

編集した画像は、ツールバーの「保存」ボタンを押せば、ホームフォルダ直下に日付付きのpng形式で保存されます。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2021 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

MakeMKV - Ubuntu 20.04でDVDリッピングしてmkv形式の動画ファイルに保存する Jan 22, 2022

Vitals GNOME Shell 拡張機能 - CPUやメモリなど9つの項目を詳細に監視できるシステムモニター Jan 08, 2022

Ubuntu 20.04にウィンドウが燃え尽きるアニメーションを追加するGNOME Shell 拡張機能 Dec 25, 2021

Internet Speed Monitor - インターネット速度と毎日のデータ使用量を表示するGNOME Shell 拡張機能 Dec 12, 2021

Ubuntu 20.04で削除してしまったホームフォルダ内の初期フォルダを復元する方法 Nov 28, 2021

Lyra icon theme - 輪郭だけで描かれたカラフルなアイコンテーマ Nov 13, 2021