MapSCII - Node.jsベースで軽快に動作する世界地図のコマンドラインツール

端末に世界地図をアスキーアートで表示して閲覧できる

MapSCIIとは、サーバーサイドのJavaScript環境であるNode.jsベースで開発された、世界地図のコマンドラインツールです。

MapSCII Ubuntu 世界地図 コマンド

MapSCII - GitHub https://github.com/rastapasta/mapscii

Ubuntu 17.10 (GNOME 3.26) - MapSCII コマンド
バージョンインストール方法起動方法
MapSCII v0.1.6Node.jsのパッケージ管理マネージャ「npm」コマンドでインストール端末から「mapscii」コマンドを実行する

Ubuntuの端末内にアスキーアートの世界地図を表示して、キーボードやマウスで軽快に操作できるのが、MapSCIIです。

Node.jsベースなので動作が軽く、地図を拡大すると世界の国や都市の名前を確認することができます。

Node.jsをインストールして端末から世界地図を操作する

MapSCIIをインストールするには、まず、Ubuntuに「Node.js」とそのパッケージ管理マネージャである「npm」をインストールする必要があります。

$ sudo apt-get install nodejs npm

Node.jsとnpmをインストールしたら、以下のコマンドでMapSCIIをインストールしましょう。

$ sudo npm install -g mapscii

あとは、シンプルにオプションなしで「mapscii」コマンドを実行すれば、端末にアスキーアートの世界地図が表示されます。

MapSCII Ubuntu 世界地図 操作方法 ズームアウト

最初の世界地図は、すべての大陸が表示されるように縮小表示されます。

操作方法はいたってシンプルで、キーボードなら矢印キーで移動、「a」でズームイン、「z」でズームアウト、マウスならドラッグで移動、ホイールで拡大縮小です。

MapSCII Ubuntu 世界地図 操作方法 ズームイン

例えば、日本を拡大していくと「Japan」のように、国名が表示され、さらに拡大すると「Tokyo」「Osaka」など都市名を確認することができます。県境もはっきりと描かれていますね。

画面下のステータスバーには、地図中央とマウスカーソルの位置の緯度経度も表示されます。

また、「c」キーで点字ビューとASCIIビューの切り替え、マップを終了したいときは「q」キーを押しましょう。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2018 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

stretchly - 定期的に休憩時間を知らせてくれるリマインダーアプリ Dec 15, 2018

Ubuntu 18.04でmacOS Mojave風のライトモード/ダークモードの両方が使えるテーマ Dec 12, 2018

Padlock - スカイブルーが美しいシンプルなパスワード管理アプリ Dec 07, 2018

Dusk Player - アルバムフォルダを選んで再生するシンプル音楽プレイヤー Dec 01, 2018

StatusPilatus - 情報量が豊富なレスポンシブデザインのシステムモニタ Nov 25, 2018

JGalaxian - ギャラクシアンそっくりのクローンゲーム Nov 21, 2018

Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com