Panorama - CPUとメモリの使用状況を大きなグラフで表示するシステムモニタ

大きくて見やすいグラフでCPUとメモリのリアルタイムの使用状況がわかる

Panoramaとは、Ubuntu 18.04で新たに追加されたSnapアプリのシステムモニタです。

Panorama システムモニタ Ubuntu

Install panorama for Linux, Linux apps in seconds | Snap Store

白い背景に表示される大きな折れ線グラフと数値で、CPUとメモリの使用状況をリアルタイムに監視できるのが、Panoramaシステムモニタです。

コアごとのCPUの使用状況のグラフとメモリとスワップの使用状況のグラフを、メニューから切り替えて表示できます。

また、プロセスごとのCPUとメモリの使用状況も一覧表示できるので、どのプロセスが多くのリソースを消費しているのか確認することもできます。

「CPU」「プロセス」「メモリ」の使用状況を切り替えて表示する

PanoramaをUbuntu 18.04にインストールするには、Ubuntuソフトウェアから「panorama」で検索するか、端末からsnapコマンドを実行します。

$ sudo snap install panorama

Panoramaを起動すると、まず、CPUの使用状況が表示されます。

Panorama システムモニタ Ubuntu CPU使用状況

「CPU」メニューの上部には、CPUのメーカーやスピード(MHz)、そしてコアやスレッドの数が表示されます。

デフォルトではコアごとの使用率が別のグラフで表示されますが、「Graph Type」を「Individual」から「Total」にするとCPU全体の使用率がわかります。

Panorama システムモニタ Ubuntu プロセス一覧

次の「PROCESS」メニューでは、プロセスの一覧が表示され、PIDやプロセス名、CPUやメモリの使用状況を確認できます。

メモリの単位は最初「MiB」で表示されますが、「MB」に切り替えたいときは、上部の「Measurement Units」を「Binary」から「SI」に切り替えましょう。

Panorama システムモニタ Ubuntu メモリの使用状況

最後は、メモリの使用状況です。上部はRAM、下部はSWAPで、「GiB」と「GB」の切り替えはプロセスと同じです。

それぞれトータルの容量、現在の使用率、そして空き容量がわかるようになっています。

なお、ウィンドウをリサイズしても、起動するたびに画面いっぱいに広がってしまうので、前回起動時のサイズが保持されると良かったですね。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2020 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

WhiteSur - Ubuntu 20.04をmacOS Big Sur風にするテーマとアイコン Oct 17, 2020

duf - ディスク使用量や空き容量を表形式で表示するコマンドラインツール Oct 10, 2020

OClock - パネルの時計をアナログ時計に置き換えるGNOME Shell 拡張機能 Sep 26, 2020

Video Downloader - 余計な機能はすべて省いた動画ダウンロードツール Sep 12, 2020

Ubuntu 20.04で速すぎるマウスカーソルの動きを修正する方法 Sep 05, 2020

nmon - キー操作でオンオフを切り替えるコマンドラインのシステムモニター Aug 22, 2020