Switcher - ウィンドウ切り替えとアプリ起動の使い分けができるGNOME拡張機能

スイッチャーとランチャーをホットキーで使い分け

Switcherとは、ウィンドウスイッチャーとアプリケーションランチャーの両方の機能を備えたGNOME拡張機能です。

Switcher GNOME拡張機能

Switcher - GNOME Shell Extensions

Ubuntuのデスクトップ上で開いているウィンドウを素早く切り替えたり、新たにアプリケーションを起動することができるのが、Switcher GNOME拡張機能です。

デスクトップ上に表示された検索ボックスにキーワードをタイプすることで、ウィンドウやアプリをすばやく検索できます。

また、スイッチャーとランチャーには異なるホットキーが割り当てられているので、用途に合わせて使い分けることができます。

ホットキーでスイッチャーを表示してウィンドウを切り替える

Switcher GNOME拡張機能をUbuntu 18.04にインストールするには、GNOME Shell Extensionsのページにアクセスして、右側に表示されるインストールスイッチをオンにします。

また、削除したいときは同じページに表示されるアンインストールアイコンをクリックです。

Switcher GNOME拡張機能をインストールして有効にしたら、いくつかウィンドウを開いて「Super+W」キーを押してみましょう。

Switcher GNOME拡張機能 ウィンドウスイッチャー

すると、デスクトップ中央上部に検索ボックスが現れ、現在開いているウィンドウの一覧が表示されます。

あとは、ウィンドウタイトルの一部を入力するか、上下矢印キーで選んで「Enter」キーでアクティブにしましょう。

なお、スイッチャーのデザインは、適用しているGNOME Shellテーマに依存します。検索ボックスのフォントが見づらいときは、他のテーマを適用してみてください。

また、フォントサイズはオプションで自由に変更することができます。

ホットキーでランチャーを表示してアプリケーションを起動する

今度は、スイッチャーではなくアプリケーションランチャーとして使ってみましょう。ランチャーの使うためのホットキーは、「Super+X」です。

Switcher GNOME拡張機能 アプリケーションランチャー

使い方は同じで、起動したいアプリケーション名をタイプして、リストから選ぶだけです。

なお、日本語でアプリケーションを検索したいときは、注意が必要です。

「Enter」キーで日本語入力を確定すると、検索される前に実行されてしまうので、「Ctrl+M」キーで日本語入力を確定するようにしましょう。

また、検索窓が開いている状態で「Ctrl+Space」キーか「Ctrl+Tab」キーを押すと、そのままスイッチャーとランチャーの切り替えもできるので、覚えておくと便利です。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2020 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Video Downloader - 余計な機能はすべて省いた動画ダウンロードツール Sep 12, 2020

Ubuntu 20.04で速すぎるマウスカーソルの動きを修正する方法 Sep 05, 2020

nmon - キー操作でオンオフを切り替えるコマンドラインのシステムモニター Aug 22, 2020

Ksnip - 注釈機能が便利なQtベースのスクリーンショットツール Aug 14, 2020

Goobox - Ubuntu 20.04でMP3に簡単CDリッピング Aug 08, 2020

Add to Desktop - デスクトップにショートカットを作成するGNOME Shell 拡張機能 Aug 01, 2020