Flameshot 画像編集機能が豊富なスクリーンショットツール

スクリーンショットをその場で編集して保存できる

Flameshotとは、豊富な画像編集機能を備えたスクリーンショットツールです。

Flameshot Ubuntu スクリーンショット

GitHub - lupoDharkael/flameshot

取得したスクリーンショットの一部を強調したり隠したいときに便利なのが、Flameshotです。

直観的に使える画像編集ツールを備えているので、すぐその場で線や矢印などの図形や、ハイライトやぼかしなどの効果を追加することができます。

Ubuntu 18.04の公式リポジトリからインストールできるのは、古いバージョンのFlameshot 0.5.1ですが、最近リリースされたFlameshot 0.6.0では、新たにサイドパネルと2つのツールが追加されています。

Flameshotスクリーンショットツールのインストール

Flameshot 0.6.0をUbuntu 18.04にインストールするには、まず、GitHubのリリースページから「flameshot_0.6.0_bionic_x86_64.deb (239KB)」をダウンロードします。

ダウンロードしたDebパッケージダブルクリックすれば、Ubuntuソフトウェアからインストールできるので、あとは、アプリケーションの表示から「flameshot」で検索して起動しましょう。

Flameshotスクリーンショットツールの使い方

Flameshotを起動すると、トップバーにスクリーンショットをとるためのアイコンが追加されます。

Flameshot Ubuntu スクリーンショット トップバー アイコン

メニューから「Take Screenshot」を選ぶと操作のヒントが表示されますが、そのままマウスでスクリーンショットの範囲を指定をしましょう。

Flameshot Ubuntu スクリーンショット 範囲指定

範囲指定をすると、その周りにペンや矢印、ぼかしなどのツールアイコンが表示されるので、あとはクリックして自由に編集しましょう。

いったん選択した範囲でも、そのままの状態で移動とリサイズができるので微調整も簡単です。

また、色を変更したいときは、マウスの右ボタンを押したままにするとサークルパレットが表示されるので、カーソルを移動して色を選びます。

Flameshot Ubuntu スクリーンショット サイドバー

「Space」キーを押すと、Flameshot 0.6.0で新たに追加されたサイドバーを表示できます。

サイドバーでは、より細かく色を選択でき、また、カラーピッカーを使って画面上の色を取得することもできます。

すべて編集がおわったら、「Enter」でクリップボードコピーするか、フロッピーの形をしたアイコンからスクリーンショットを保存しましょう。

Flameshot Ubuntu スクリーンショット 設定

メニューの「Configuration」から設定を開くと、描画ツールのオン/オフができるので、使わないツールを非表示にしておけば、画面がすっきりと使いやすくなります。

また、新たに追加されたテキストツールとピンツールはデフォルトではオフになっているので、使いたい場合はここでオンにしておきましょう。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2018 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Noty - ペラペラとページをめくるように使える自動保存のメモ帳 Feb 16, 2019

Simply Circles - 単色サークルの極めてシンプルなアイコンテーマ Feb 09, 2019

Crow Translate - UbuntuデスクトップでGoogle翻訳が使える Feb 02, 2019

gotop - Go言語で開発された1ファイルのシステムモニタ―コマンド Jan 26, 2019

imgpコマンドで画像を一括リサイズする方法 Jan 19, 2019

Pick - ズーム機能と色の名前付き履歴が便利な軽量カラーピッカー Jan 13, 2019

Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com