CPU-X Ubuntu 18.04のハードウェア情報をタブ形式で表示する

CPU-X 3.2.3 AppImage版リリース

CPU-Xとは、プロセッサーのベンダー名やコードネーム、マザーボードやBIOS、グラフィックカードなど、Ubuntu 18.04でハードウェア情報を取得・表示するためのアプリです。

CPU-X Ubuntu 18.04 ハードウェア情報

GitHub - X0rg/CPU-X

Windowsで有名な「CPU-Z」のように、タブを切り替えながらUbuntu 18.04の様々なハードウェア情報を確認できるのが、CPU-Xです。

以前、CPU-Xのポータブル版を紹介しましたが、最近リリースされたCPU-X 3.2.3では、現在Linuxで主流となりつつあるAppImage版が提供されています。

AppImageとは、Linux用にインストール不要のポータブルアプリを配布するためのパッケージフォーマットです。拡張子が「.AppImage」の1つのファイルからなり、ちょうど、Windowsのexeファイルのようにダブルクリックするだけで起動できます。

CPU-X 3.2.3のインストールと削除

CPU-X 3.2.3をUbuntu 18.04にインストールするには、まず。GitHubのリリースページから「CPU-X_v3.2.3_x86_64.AppImage (9.36 MB)」をダウンロードします。

ファイルマネージャからプロパティを開いて、「アクセス権」タブにある実行権限を与えたら、ダブルクリックして起動しましょう。

起動直後には管理者権限で開くか聞かれるますが、「Ignore」ボタンでキャンセルすればメインウィンドウが開きます。

なお、管理者権限で開かないと「Memory」タブなど一部表示されない情報がありますが、その場合はカレントフォルダを端末で開いて以下のコマンドを実行しましょう。

$ sudo ./CPU-X_v3.2.3_x86_64.AppImage

CPU-X 3.2.3には、他のAppImageアプリにあるようなデスクトップ設定ファイルの自動生成機能は搭載されていません。

そのためアンインストールは、単純にAppImageファイルを削除するだけで済みます。

タブを切り替えてハードウェア情報を表示する

CPU-Xのタブは左からCPU、キャッシュ、マザーボード、システム、グラフィックなどの順に並んでいます。

CPU-X Ubuntu 18.04 ハードウェア情報 CPU

例えば、CPUタブでは、「Intel」のようなプロセッサーのベンダー名や、「Sandy Bridge」のようなコードネーム、さらに、クロックやキャッシュなどの詳細情報を確認することができます。

CPU-X Ubuntu 18.04 ハードウェア情報 システム

システムタブでは、LinuxカーネルのバージョンやUbuntuのバージョン、メモリの使用状況をグラフで確認することもできます。

他のタブも同様なので、切り替えてそれぞれの詳細情報を確認してみましょう。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2018 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

fre:ac - 全自動CDリッピングに対応したリッピングソフト Feb 23, 2019

Noty - ペラペラとページをめくるように使える自動保存のメモ帳 Feb 16, 2019

Simply Circles - 単色サークルの極めてシンプルなアイコンテーマ Feb 09, 2019

Crow Translate - UbuntuデスクトップでGoogle翻訳が使える Feb 02, 2019

gotop - Go言語で開発された1ファイルのシステムモニタ―コマンド Jan 26, 2019

imgpコマンドで画像を一括リサイズする方法 Jan 19, 2019

Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com