Suru++ 20 - 新しいUbuntuのデフォルトアイコン「Suru」を拡張したアイコンテーマ

すべてのアイコンをベクトル化してより美しくリデザイン

Suru++ 20とは、Ubuntu 18.10のデフォルトアイコンであるSuruの拡張版アイコンテーマです。

Suru++20 Ubuntu アイコンテーマ

Suru++ 20 - www.gnome-look.org

Ubuntu 18.10のデフォルトアイコンであるSuruをベースに、すべてのアイコンをベクトル化してリデザイン、さらに、一部のアイコンをPapirusやNumixのカラフルなアイコンに置き換えたのが、Suru++ 20アイコンテーマです。

「20」の意味は、UbuntuだけでなくArch Linux, Manjaro Linuxなど、20以上のディストリビューションに対応しているということで、Suruの拡張版として広く使われることを想定して開発されています。

アーカイブを展開したファイルサイズが31MBと、オリジナルSuruの約3倍もありますが、それだけ美しく、また、様々なアプリケーションのアイコンをカバーしています。

Suru++ 20アイコンテーマをUbuntu 18.04にインストールする

Ubuntu 18.04のUbuntuソフトウェアからもSuruアイコンをインストールできますが、より完成度の高いSuru++ 20の方がお勧めです。

gnome-look.orgのSuru++ 20ページにアクセスしたら、「Files」タブにある「master.zip (External Link)」をクリックして、「suru-plus-master.zip (18.1MB)」をダウンロードしましょう。

Suru++20 Ubuntu アイコンテーマ ダウンロード

アーカイブを解凍すると、「suru-plus-master」フォルダが生成されます。

端末から「$ sudo nautilus」コマンドを実行し、ファイルマネージャを管理者権限で起動したら、生成されたフォルダを「/usr/share/icons/」フォルダにコピーしましょう。

テーマの適用は、GNOME Tweaksを起動して、「外観」にある「アイコン」リストから、インストールした「Suru-plus-master」テーマを選択するだけです。

Suru++20 Ubuntu アイコンテーマ フォルダの色

オリジナルSuruのフォルダの色はオレンジですが、Suru++ 20のフォルダはデフォルトでブルーになります。

Suru++20 Ubuntu アイコンテーマ MIMEタイプ

また、MIMEタイプアイコンもオリジナルSuruとは違い、PapirusとNumixをベースに統一されたモダンなデザインになっています。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2018 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 18.04の隠れた自動起動するアプリケーションをすべて表示する方法 Apr 13, 2019

Ubuntu 19.04は新機能にカーネル5.0やGNOME 3.32を搭載してリリース Apr 05, 2019

Electric Funeral - メタルっぽい雰囲気で統一されたアイコンテーマ Mar 30, 2019

Elements - 元素の分類がパステルカラーで色分けされた周期表アプリ Mar 23, 2019

Ubuntu 18.04 拡張機能なしでmacOSのような中央寄せのドックに変更する Mar 16, 2019

Panel OSD GNOME拡張機能 邪魔な通知バブルの位置を自由に変更できる Mar 09, 2019