Padlock - スカイブルーが美しいシンプルなパスワード管理アプリ

パスワードを1つ覚えるだけで複数のパスワードを一括管理

Padlockとは、できるだけシンプルで直観的に操作できるよう開発された、クロスプラットフォームのパスワード管理アプリです。

Padlock パスワード管理

Padlock - A Minimalist Password Manager

1つのマスターパスワードを覚えているだけで、複数のアカウントのパスワードを管理できるのが、Padlockです。

スカイブルーを基調とした美しいレスポンシブデザインのパスワード管理アプリで、UbuntuなどLinux用にはすぐに使えるAppImageとして提供されています。

クラウドベースなので、Linux, Windows, macOS, Android, iOSなどプラットフォームに係らずパスワードを同期できますが、パスワード情報をサーバーに預けるのは不安という場合は、ローカルのみで使用することも可能です。

【動作確認 Ubuntu 18.04, Padlock 2.7.2】

Padlockのインストールと使い方

PadlockをUbuntu 18.04で使うには、トップページにある「Get The App」リンクから「padlock-2.7.2-x86_64.AppImage (51.6MB)」をダウンロードします。

ファイルのプロパティから実行権限を与えたら、ダブルクリックして起動しましょう。

不要になったアプリの削除は、AppImageファイルと初回起動時に生成されるデスクトップ設定ファイル(~/.local/share/applications/Padlock)を削除するだけです。

Padlock パスワード管理 セットアップ オフライン

Padlockを初めて起動すると、まず、セットアップ画面が表示されます。

Padlockはクラウドにも対応しているためメールアドレスが要求されますが、オフラインのみで使う場合は「Use Offline」をクリックして次へ進みます。

Padlock パスワード管理 セットアップ マスター入力

マスターパスワードが要求されるので、絶対に忘れないパスワードを入力しましょう。また、パスワードの強度は、その場で判断してくれます。

もう一度確認のためマスターパスワードを入力したらセットアップは完了です。

Padlock パスワード管理 新規レコードの追加

上部の「+」アイコンクリックで、右側に新規レコードの作成画面が表示されます。

「Enter Record Name」フィールドにアカウント名を、「Username」フィールドにユーザー名を、また、「Password」にパスワードを入力して、新しいアカウント情報を登録しましょう。

パスワードの入力では、ランダムパスワードの生成機能を使うこともできます。

Padlock パスワード管理 クリップボードコピー

登録したアカウントは左側に表示され、ユーザー名やパスワードをクリックすれば、クリップボードにコピーできます。

コピー後はカウントダウンが開始され、クリップボードの内容は60秒で自動的に消去されます。

なお、パスワード情報はすべて、ホームフォルダ内の隠しフォルダ「~/.config/Padlock/」に保存されるので、バックアップを取りたいときは、このフォルダをコピーしましょう。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2018 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Pick - ズーム機能と色の名前付き履歴が便利な軽量カラーピッカー Jan 13, 2019

Lock Keys GNOME拡張機能 Ubuntu 18.04でNumLockとCapsLockがオンの状態を表示する Jan 05, 2019

X File Explorer (Xfe) MSエクスプローラー風のレトロな外観のファイルマネージャー Dec 29, 2018

Ubuntu 18.04でGoogle Chromeの更新エラーを一発で解決する方法 Dec 22, 2018

stretchly - 定期的に休憩時間を知らせてくれるリマインダーアプリ Dec 15, 2018

Ubuntu 18.04でmacOS Mojave風のライトモード/ダークモードの両方が使えるテーマ Dec 12, 2018

Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com