X File Explorer (Xfe) MSエクスプローラー風のレトロな外観のファイルマネージャー

オーソドックスなレイアウトのファイルマネージャー

X File Explorer (Xfe)とは、WindowsのMSエクスプローラーのようなレトロな外観が特徴のX Window System向けファイルマネージャーです。

X File Explorer (Xfe) ファイルマネージャ―

XFE Homepage

X File Explorer (Xfe)の開発が始まったのは2002年と古く、2018年の現在でもバージョンアップが続いており、軽量かつ高速なファイルマネージャとして長い間親しまれています。

上部にメニューバーとツールバー、左側にフォルダツリーが配置されたオーソドックスなレイアウトで、昔ながらの使い慣れた方法でファイルやフォルダを操作することができます。

Ubuntu 18.04標準のファイルマネージャー(Nautilus)には、左側にフォルダツリーを表示する機能がないので、ツリーでファイルの移動やコピーをしたいユーザーにはおすすめです。

【動作確認 Ubuntu 18.04, Xfe 1.43.1】

X File Explorer (Xfe)のインストール

Xfeファイルマネージャーは、DebパッケージからUbuntu 18.04にインストールできます。

X File Explorer (Xfe) ファイルマネージャ― ダウンロード

xfe - Browse /xfe at SourceForge.net

上記ダウンロードページにアクセスしたら、最新のバージョン番号「1.43.1」をクリックして、「xfe_1.43.1-1bionic_amd64.deb (1.7MB)」をダウンロードしましょう。

あとは、Debパッケージをダブルクリックして、Ubuntuソフトウェアからインストールするだけです。

X File Explorer (Xfe)の日本語化とテーマの変更

Xfeファイルマネージャーをインストールしたら、まず、日本語フォントに変更しましょう。フォントの変更は「編集」メニューから「設定」を選びます。

X File Explorer (Xfe) ファイルマネージャ― 設定 フォントの変更

「フォント」タブにある「ノーマルフォント」と「テキストフォント」から、それぞれ「Noto Sans CJK JP」など、日本語フォントを選べばメニューやファイル名を日本語表示にできます。

X File Explorer (Xfe) ファイルマネージャ― 設定 テーマの変更

Xfeファイルマネージャには、デフォルトで「Clearlooks」「Human」「GNOME2」など、数種類のテーマが含まれています。

好きなテーマを選択したら、「アクセプト」ボタンをクリックしてXfeを再起動すれば、新しいテーマが適用されます。

X File Explorer (Xfe)の表示方法を変更する

Xfeファイルマネージャーの表示方法は、パネルツールバーから変更できます。

X File Explorer (Xfe) ファイルマネージャ― パネルツールバー

ツールバー左側にあるアイコンがツリーやパネルの数の変更、右側が大きいアイコン、小さいアイコン、詳細表示の切り替えです。

それぞれにショートカットキーも割り当てられているので、覚えておきましょう。

また、ファイル名が途中で省略されるのがいやなときは、パネルメニューから「オートサイズ」をオンにしておきましょう。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2019 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Avidity - Ubuntu 18.04を完全なダークモードにできるテーマとアイコン Sep 14, 2019

Pngquant - ほぼ無劣化でPNG画像を70%も圧縮できるコマンドラインツール Sep 07, 2019

Translatium - 90以上の翻訳言語に対応した使いやすいUIの翻訳アプリ Aug 31, 2019

iQPuzzle - ペントミノパズルが様々な形をした300種類のボードで遊べる Aug 24, 2019

Violin - 軽量最小限で目にも優しい音楽プレイヤー Aug 17, 2019

Candy icons - ネオンサインのように美しいアイコンテーマ Aug 10, 2019