gotop - Go言語で開発された1ファイルのシステムモニタ―コマンド

端末にCPU メモリ ディスク ネットワークの状態をグラフィカルに表示

gotopとは、Goプログラミング言語で記述された、Ubuntu端末用のグラフィカルなシステムモニタ―コマンドです。

gotop システムモニタ コマンド

GitHub - cjbassi/gotop: A terminal based graphical activity monitor inspired by gtop and vtop

Ubuntuの端末にCPUやメモリ使用率のグラフ、ハードディスクの使用率と空き容量、ダウンロード/アップロード速度などを、1画面でグラフィカルに表示するのが、gotopコマンドです。

同様のコマンドにgtopがありますが、gotopはGo言語で記述された1ファイルのコマンドなので、パスの通ったフォルダにインストールするだけで簡単に使うことができます。

【動作確認 Ubuntu 18.04, gotop 2.0.0】

gotopコマンドのインストールと使い方

Ubuntu 18.04では、Snapパッケージからgotopコマンドをインストールできますが、gotop 0.1.1とかなり古いバージョンなので、インストールしないように気をつけてください。

最新のgotop 2.0.0をインストールするには、GitHubのリリースページから「gotop_2.0.0_linux_amd64.tgz (1.14 MB)」をダウンロードします。

Releases · cjbassi/gotop · GitHub

アーカイブを解凍すると「gotop」実行ファイルが1つだけ生成されるので、そのフォルダを端末で開いて、以下のコマンドを実行してインストールしましょう。

$ sudo install gotop /usr/local/bin/

あとは、gotopコマンドを実行するだけで、端末にシステムモニターが表示されます。

$ gotop

gotop システムモニタ コマンド 使い方

1段目は、コアごとのCPU使用率のグラフです。

2段目には、左側にマウントされているディスクの使用率とCPU温度、右側にメモリ使用率のグラフが表示されます。

そして3段目には、ダウンロード速度(RX)とアップロード速度(TX)のグラフと、プロセス一覧が表示されます。

プロセスはデフォルトでCPU使用率の順に並んでいますが、「m」キーと「c」キーでメモリ/CPU使用率に切り替えることができます。

システムモニターを終了して、コマンドプロンプトに戻りたいときは「q」キーです。

gotop システムモニタ コマンド オプション

$ gotop -m

また、「-m」オプションを付けて実行すれば、このようにCPUとメモリのグラフだけのシンプルな表示にすることもできます。

他にも様々なオプションがありますが、詳しくは「-h」オプションでマニュアルを参照してください。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2018 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 18.04で重複ファイルを検索して削除する方法(FSlintとfdupes) Apr 20, 2019

Ubuntu 18.04の隠れた自動起動するアプリケーションをすべて表示する方法 Apr 13, 2019

Ubuntu 19.04は新機能にカーネル5.0やGNOME 3.32を搭載してリリース Apr 05, 2019

Electric Funeral - メタルっぽい雰囲気で統一されたアイコンテーマ Mar 30, 2019

Elements - 元素の分類がパステルカラーで色分けされた周期表アプリ Mar 23, 2019

Ubuntu 18.04 拡張機能なしでmacOSのような中央寄せのドックに変更する Mar 16, 2019