Crow Translate - UbuntuデスクトップでGoogle翻訳が使える

アプリを選ばずGoogle翻訳できる

Crow Translateとは、Google Translation APIを利用したGoogle翻訳のUbuntuデスクトップアプリです。

Crow Translate 翻訳

GitHub - crow-translate/crow-translate

ブラウザやテキストエディタなど、アプリを選ばずにGoogle翻訳を使うことができるのが、Crow Translateです。

メインウィンドウにテキストを貼り付けて翻訳できるだけでなく、様々なアプリ上で選択したテキストをショートカットキーで翻訳することもできます。

また、音声読み上げにも対応しているので、日本語やその他の言語の発音を確認するのに最適です。

【動作確認 Ubuntu 18.04, Crow Translate 2.1.0】

Crow Translateのインストールと使い方

Ubuntu 18.04で動作するCrow Translateは、debパッケージで提供されています。

GitHubのリリースページから「crow-translate-2.1.0-amd64.deb (767 KB)」をダウンロードしたら、ダブルクリックしてUbuntuソフトウェアからインストールしましょう。

Releases · crow-translate/crow-translate · GitHub

Crow Translateを起動すると、システムトレイに常駐します。

トップバーのアイコンメニューから「show window」を選ぶか、「Ctrl + Alt + C」キーで翻訳ウィンドウを表示しましょう。

Crow Translate 翻訳ウィンドウ

翻訳元の言語は自動認識、翻訳先の言語はシステム言語の日本語に設定されているので、あとは、左側に翻訳したいテキストを貼り付けるだけで、右側にその翻訳結果が表示されます。

使用する翻訳APIは、Google以外にもYandexやBingを選択することもできます。

また、翻訳結果の音声読み上げは、右下の再生ボタンをクリックです。日本語も女性の声でちゃんとしゃべってくれますね。

翻訳ウィンドウ中央の「⇔」矢印で、左右を入れ替えることができるので、元の英語の発音を確認したいときは入れ替えてから読み上げましょう。

Crow Translate 翻訳ポップアップ

メインウィンドウが閉じている状態で、「Ctrl + Alt + E」キーを押すと、このようにテキストエディタ上の選択テキストをポップアップで翻訳することもできます。

Crow Translateはアプリに関係なく翻訳できるので、Google ChromeのようなブラウザやLibreOfficeなど、様々なアプリで試してみましょう。

Crow Translate 翻訳 オプション

Crow Translateの設定には、翻訳ウィンドウやポップアップの外観の変更、ショートカットキーの確認や変更など、様々なオプションが用意されています。

なお、デフォルトでは、翻訳結果の下に余計な翻字が表示されてしまうのですが、翻字を非表示にしたいときは「Translation」メニューを選んで、「Enable translation transliteration」をオフにしておきましょう。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2019 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Prof-Gnome ダークテーマ嫌いのためのオーソドックスなライトテーマ Feb 15, 2020

ClassicMenu Indicator - アプリケーションメニューから選択してアプリを起動する Feb 08, 2020

Indicator Brightness - 画面の明るさを「数値」で調整できる Feb 01, 2020

Up Clock - 色の変化が美しいタイマー付きデジタル時計 Jan 26, 2020

Ubuntu 20.04 LTSのリリースと新機能(随時更新) Jan 22, 2020

Pogo - 軽量で最も操作がシンプルな音楽プレイヤー Jan 18, 2020