Motrix - クリーンなインターフェースのダウンロードマネージャ―

簡単操作で10ファイルまで同時にダウンロードできる

Motrixとは、Electronベースで開発されたLinux, Windows, macOSで使えるダウンロードマネージャ―です。

Motrix ダウンロードマネージャ―

GitHub - agalwood/Motrix: A full-featured download manager

今はChromeなどのブラウザからファイルをダウロードするのが一般的だと思いますが、ブラウザよりも軽量でシンプルなダウンロードマネージャ―を使ってみたいときにおすすめなのが、Motrixです。

クリップボードから自動的にダウンロードURLを挿入でき、最大10ファイルまで同時にダウンロードできます。

複雑な設定は必要なく、極限まで単純化したクリーンなインターフェースなので、すぐに操作に慣れて使うことできます。

【動作確認 Ubuntu 18.04, Motrix v1.1.3】

Motrixダウンロードマネージャ―のインストールと使い方

Ubuntu 18.04で動作するMotrixは、インストール不要のAppImageで提供されているので、ダウンロードするだけですぐに使うことができます。

GitHubのリリースページから「Motrix-1.1.3-x86_64.AppImage (81.8MB)」をダウンロードしたら、ファイルマネージャのプロパティから実行権限を与えて、ダブルクリックで起動しましょう。

Motrix ダウンロードマネージャ― URLのコピー

Motrixダウンロードマネージャ―の使い方は、いたってシンプルです。

左メニューの「+」アイコンをクリックすると、あらかじめクリップボードにコピーしておいたダウンロードURLが自動的に挿入されます。

あとは、ダウンロード先のフォルダを選んで「submit」ボタンでダウンロードを開始しましょう。

Motrix ダウンロードマネージャ― ステータス

ダウンロード中のファイルは、「Task」メニューの「Downloading」に表示されます。

ダウンロード進捗状況は、ステータスバーと数値で表示され、ファイルサイズや現在のダウンロードスピード、残り時間がわかります。

また、右上のアイコンからは、ダウンロードの一時停止や中止などの操作ができます。

ダウンロードが完了すると、ファイルの表示が自動的に「Stoped」に移動します。サウンドやデスクトップ通知はないので、注意しましょう。

Motrix ダウンロードマネージャ― 設定

左下の設定アイコンからオプションを開くと、ダウンロードファイルの保存先など、いつくかの基本的な設定を変更することができます。

なお、デフォルトで同時にダウンロードできるファイル数は5個までですが、「Maximum active tasks」を「10」に変更することで、最大数まで同時ダウンロードできるようになります。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2020 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Add to Desktop - デスクトップにショートカットを作成するGNOME Shell 拡張機能 Aug 01, 2020

Ubuntu 20.04でローカルに保存されたFlash (swf)ファイルを再生する方法 Jul 18, 2020

ClipGrab - URL貼り付け式のシンプルな動画ダウンローダー Jul 11, 2020

Ubuntu 20.04にClamTkウイルススキャナーの最新版をインストール Jul 03, 2020

McMojave-circle - macOS風のサークルアイコンと10色のフォルダが選べるアイコンテーマ Jun 21, 2020

Ubuntu 20.04でハードウェア情報を表示するアプリやコマンド Jun 07, 2020