Panel OSD GNOME拡張機能 邪魔な通知バブルの位置を自由に変更できる

通知バブルを画面右下など好きな位置に移動できる

Panel OSDとは、Ubuntuの通知バブルの表示位置をデスクトップの好きな場所に変更するためのGNOME拡張機能です。

Panel OSD GNOME拡張機能

GitHub - jenslody/gnome-shell-extension-panel-osd

「アプリケーションは準備完了です。」のように、全く必要のないメッセージを表示したり、実際の印刷処理とはかけ離れたタイミングで印刷完了のメッセージを表示するなど、作業の邪魔をすることが多いUbuntuの通知バブル。

せめて、その位置を画面右下のように邪魔にならない場所に移動したいときに使えるのが、Panel OSD GNOME拡張機能です。

水平位置と垂直位置をスライダーで変更するだけで、通知バブルをUbuntuデスクトップの好きな位置に移動することができます。

【動作確認 Ubuntu 18.04, Panel OSD 1.0】

Panel OSD GNOME拡張機能のインストールと使い方

Ubuntu 18.04にPanel OSD GNOME拡張機能をインストールするには、Google ChromeなどのブラウザからGNOME Shell Extensionsのページにアクセスして、右側に表示されるインストールスイッチをオンにします。

Panel OSD - GNOME Shell Extensions

また、削除したいときは、Installed Extensionsのページにアクセスして、Panel OSDのアンインストールアイコン「×」をクリックします。

Panel OSD GNOME拡張機能をインストールしたら、Installed ExtensionsのページまたはGNOME Tweasの「拡張機能」からオプションを開きましょう。

Panel OSD GNOME拡張機能 オプション

Ubuntuの通知バブルの位置は、上の「Horizontal position」スライダーで左右の位置(100%に近づくほど右側)を、下の「Vertical position」スライダーで上下の位置(0%に近づくほど下方)を調整できます。

右下の「Show test notification」ボタンで変更した位置にテストメッセージを表示できるので、好みの位置に調整してみましょう。

また、テストメッセージは、端末から以下のコマンドを実行しても表示することができるので、日本語のメッセージをテストしたいときに使いましょう。

$ notify-send 'テストメッセージ'

「Reset horizontal position」と「Reset vertical position」の2つのスイッチは、通知バブルの位置をリセットするときに使います。

いずれかをオンにして「Reset」ボタンを押せば、通知バブルを初期位置に戻せます。

なお、「Force showing details for all notifications」オプションをオンにすると、途中で省略されずに通知エリアのテキストを全て表示できますが、もともと邪魔なので特に必要ないでしょう。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2019 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 18.04で使える軽量キーボードランチャー4つ (Ulauncher/Albert/Synapse/Launchy) May 19, 2019

Playbox - 場面ごとに流す楽曲をキューに登録して使う音楽プレイヤー May 11, 2019

Ubuntu 18.04の不要ファイルを削除する3つの代表的なアプリ(Ubuntu Cleaner/BleachBit/GtkOrphan) May 03, 2019

Ubuntu 18.04で重複ファイルを検索して削除する方法(FSlintとfdupes) Apr 20, 2019

Ubuntu 18.04の隠れた自動起動するアプリケーションをすべて表示する方法 Apr 13, 2019

Ubuntu 19.04は新機能にカーネル5.0やGNOME 3.32を搭載してリリース Apr 05, 2019