Mini Diary - パスワードで暗号化して保護できるセキュアな日記アプリ

暗号化された日記データがローカルに保存されるのでプライバシーも安心

Mini Diaryとは、カレンダーと同期して直観的に使えるシンプルな日記アプリです。

Mini Diary Ubuntu 日記アプリ

Mini Diary

左側にカレンダー、右側にその日の日記というわかりやすい画面で、自由に日記を書くことができるのが、Mini Diaryです。

ライトとダークの2種類のテーマが用意されており、日記の内容は暗号化されてローカルに保存されるのでプライバシーも安心です。

また、日記データは簡単にPDFやJSON, Markdown形式でエクスポートできます。

【動作確認 Ubuntu 18.04, Mini Diary 2.2.0】

Mini Diaryのインストールと使い方

Mini Diaryはクロスプラットフォームの日記アプリで、Linux, Windows, Mac用それぞれにポータブル版が提供されています。

Mini Diaryのトップページにあるダウンロードリンクをクリックすると、Ubuntu用のパッケージ「mini-diary-2.2.0-x86_64.AppImage (76.7MB)」が自動的にダウンロードされます。

あとは、ダウンロードしたAppImageファイルのプロパティを開き、「アクセス権」タブから実行権限を与えて、ダブルクリックで起動しましょう。

Mini Diary Ubuntu 日記アプリ パスワードの設定

Mini Diaryを起動したら、まず、日記を暗号化するためのパスワードを設定しましょう。

Mini Diary Ubuntu 日記アプリ 入力

パスワードを入力して日記を開くと、右側のカレンダーに今日の日付がハイライトされて、左側に日記を書くエリアが表示さるので、タイトルを入力して自由に日記を書いていきましょう。

なお、日記は自動保存されるので、特に保存操作は必要ありません。

Mini Diary Ubuntu 日記アプリ 設定

「File」メニューから「Preferences」を選べば、設定画面が開きます。

デフォルトはライトテーマですが、ダークテーマに変更したいときは「Theme」オプションから「Dark」を選びましょう。

日記の内容は「~/.config/Mini Diary/backups/mini-diary.txt」に保存されますが、「Diary file」オプションから変更することもできます。

暗号化されていることを確認したいときは、mini-diary.txtを直接テキストエディタで開いてみてください。

Mini Diary Ubuntu 日記アプリ エクスポート

また、「Export」メニューからは、PDFを始めJSONやMarkdows形式で日記をエクスポートすることもできます。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2020 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 20.04にClamTkウイルススキャナーの最新版をインストール Jul 03, 2020

McMojave-circle - macOS風のサークルアイコンと10色のフォルダが選べるアイコンテーマ Jun 21, 2020

Ubuntu 20.04でハードウェア情報を表示するアプリやコマンド Jun 07, 2020

mcOS 11 - トップバーのアイコンやメニューが分割されたmacOS風テーマ Jun 05, 2020

Ubuntu 20.04の音量をミュートするパーセントで表示するGNOME Shell 拡張機能 May 23, 2020

Ubuntu 20.04の電源オフメニューを外に出すGNOME Shell 拡張機能 May 14, 2020