pastel - 端末で色の表示やランダムカラー生成ができるコマンドラインツール

端末ベースの万能カラーツール

pastelとは、Rustプログラミング言語で開発された、色の表示や操作をするためのコマンドラインツールです。

pastel コマンド 色操作

GitHub - sharkdp/pastel: A command-line tool to generate, analyze, convert and manipulate colors

専用のGUIを持たずに、端末から色に関する様々な操作を実行できるのが、pastelコマンドです。

端末に色見本を表示してそのカラーコードを確認したり、好きな形式でランダムカラーを生成できます。

【動作確認 Ubuntu 18.04, pastel 0.6.1】

pastelコマンドのインストールと使い方

Ubuntu 18.04で動作するpastelコマンドは、Debパッケージとして提供されています。

pastel-GitHubのリリースページにアクセスしたら、「pastel_0.6.1_amd64.deb (659KB)」をダウンロードしましょう。

あとは、ダウンロードしたDebパッケージをダブルクリックして、Ubuntuソフトウェアからインストールするだけです。

pastelコマンドをインストールしたら、まず、実際の色を表示してカラーコードなどの情報を確認してみましょう。

pastel コマンド 色情報の表示

$ pastel color red d64997 "rgb(103,63,241)"

色情報の表示には「color」サブコマンドを使います。色の名前やHEX、RGBで色を指定すれば、その色見本やカラーコードなどを確認できます。

pastel コマンド カラーコード変換

$ pastel format rgb ff8000

次に、カラーコードを他の形式に変換してみましょう。

「format」サブコマンドに続いて、変換先の形式と変換元のカラーコードを指定して実行すると、背景色付きで変換先のカラーコードが表示されます。

pastel コマンド ランダムカラー生成

$ pastel random -n 15 | pastel format hex

最後に、いくつかのランダムカラーを生成してみましょう。

「random」サブコマンドを使い、「-n」オプションで生成する色の数を指定します。更にカラーコードを指定したい場合は、「format」サブコマンドを続けます。

背景色が色見本になったカラーコードが生成されるので、とてもわかりやすですね。

pastelコマンドには、他にも色の彩度や明度を調整したり、色をミックスする機能などもあります。より詳しく知りたいときは、オプションなしでpastelコマンドを実行してヘルプを参照しましょう。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2020 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 20.04にClamTkウイルススキャナーの最新版をインストール Jul 03, 2020

McMojave-circle - macOS風のサークルアイコンと10色のフォルダが選べるアイコンテーマ Jun 21, 2020

Ubuntu 20.04でハードウェア情報を表示するアプリやコマンド Jun 07, 2020

mcOS 11 - トップバーのアイコンやメニューが分割されたmacOS風テーマ Jun 05, 2020

Ubuntu 20.04の音量をミュートするパーセントで表示するGNOME Shell 拡張機能 May 23, 2020

Ubuntu 20.04の電源オフメニューを外に出すGNOME Shell 拡張機能 May 14, 2020