Ubuntu 20.04にSnap版ではなくdebパッケージ版のLeafpadをインストール

Snap版のLeafpadで不具合発生

Ubuntu 20.04では、一部のアプリケーションがSnapパッケージに置き換わっています。

シンプルで長年愛用してきたテキストエディタLeafpadもその一つで、UbuntuソフトウェアからインストールするとSnap版がインストールされます(Snapかどうかはホームフォルダ内の「snap」フォルダに設定ファイルを作るのでわかります)。

Ubuntu 20.04 Leafpad テキストエディタ

Snap版のLeafpadをインストールしてみましたが、外付けハードディスク上にあるテキストファイルが権限なしで開けません、また、カスタムテーマが正常に適用されないという不具合もあり使い物になりません。

Ubuntu 20.04で以前と同じLeafpadを使うには、別途debパッケージ版のLeafpadをダウンロードして、インストールする必要があります。

Gdebiパッケージインストーラーをインストールする

debパッケージ版のLeafpadをインストールする前に、まず、ローカルdebパッケージをその依存関係を解決しながらインストールできるツール「Gdebiパッケージインストーラー」をインストールしておきましょう。

Gdebiパッケージインストーラーは、Ubuntuソフトウェアから「gdebi」で検索すればインストールできます。

pkgs.orgからLeafpadのdebパッケージをダウンロードする

例えば、Ubuntu 18.04からUbuntu 20.04にアップグレードしたときなど、以前はインストールできたアプリケーションが、新しいバージョンのUbuntuではインストールできなくなることがあります。

そんなときに役に立つのが、debパッケージをUbuntuのバージョン別に検索できる「pkgs.org」です。

Packages Search - pkgs.org

pkgs.orgにアクセスしたら、検索ボックスから「Leafpad」を検索してみましょう。

Ubuntu 20.04 Leafpad pkgs.org 検索

すると、Ubuntu 18.04用のパッケージ「leafpad_0.8.18.1-5_amd64.deb」が提供されているのがわかります。

リンクをクリックして個別ページを開いたら、「Download」セクションを探します。

Ubuntu 20.04 Leafpad debパッケージ ダウンロード

「Binary Package」にあるURLはリンクになっていないため、ブラウザのアドレスバーにコピーしてdebパッケージをダウンロードしましょう。

Gdebiからdebパッケージ版のLeafpadをインストールする

ダウンロードした「leafpad_0.8.18.1-5_amd64.deb」を右クリックして、「Gdebiパッケージインストーラーで開く」を選びます。

Ubuntu 20.04 Leafpad gdebi インストール

「すべての依存関係が満たされています」と表示されるので、追加のファイルは不要です。

あとは「パッケージをインストール」ボタンをクリックしてインストールすれば、debパッケージ版のLeafpadが使えるようになります。

なお、ここで紹介した方法は他のアプリケーションにも応用できますが、古いバージョンのアプリケーションが新しいUbuntuで動作するとは限らないので、あくまでも自己責任で行ってください。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2020 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

ClipGrab - URL貼り付け式のシンプルな動画ダウンローダー Jul 11, 2020

Ubuntu 20.04にClamTkウイルススキャナーの最新版をインストール Jul 03, 2020

McMojave-circle - macOS風のサークルアイコンと10色のフォルダが選べるアイコンテーマ Jun 21, 2020

Ubuntu 20.04でハードウェア情報を表示するアプリやコマンド Jun 07, 2020

mcOS 11 - トップバーのアイコンやメニューが分割されたmacOS風テーマ Jun 05, 2020

Ubuntu 20.04の音量をミュートするパーセントで表示するGNOME Shell 拡張機能 May 23, 2020