mcOS 11 - トップバーのアイコンやメニューが分割されたmacOS風テーマ

透明のトップバーにアイコンやメニューの背景だけ表示される

mcOS 11とは、macOSをコンセプトに開発されたUbuntu 20.04 (GNOME 3.36)用のテーマです。

mcOS 11 テーマ

mcOS 11 GTK and Shell theme - Gnome-look.org

Ubuntu 20.04のトップバーには、アクティビティボタンやアプリケーションメニュー、GNOME Shell 拡張機能やシステムトレイのアイコンなどが表示されますが、それらがまるで切り離されたように見えるのが、mcOS 11テーマです。

トップバー全体は透明で、アイコンやメニューをだけを囲むように背景がグレーで表示されます。

壁紙の色に合わせて使えるように、ライトテーマとダークテーマの2種類のバリエーションが用意されています。

【動作確認 Ubuntu 20.04, mcOS 11 GTK and Shell theme 3.3】

mcOS 11テーマのダウンロードと特徴

Ubuntu 20.04に適用できるmcOS 11テーマは、Gnome-look.orgからダウンロードできます。

「Files」タブには、3つのアーカイブがあり、「mcOS11-GTK.zip」がアプリケーション用の共通テーマ、「mcOS11-Shell.zip」がGNOME Shell用のライトテーマ、そして「mcOS11-Shell-Dark.zip」がダークテーマになります。

それぞれダウンロードして解凍するとテーマフォルダが生成されるので、「/usr/share/themes/」フォルダにコピーしましょう。

mcOS 11 テーマ メニュー

トップバーのメニューも分割されており、少し離れた位置に表示されます。

メニューの背景のほうがトップバーよりも透明度が低いので、文字が見やすいですね。

mcOS 11 テーマ ウィンドウ

アプリケーションテーマは、ライトテーマのみになります。

ウィンドウボタンはmacOS風の赤、緑、黄色の丸ボタンですが、少し大きめですね。

もっと小さいボタンが好みの場合は、以下の記事で紹介しているMcMojaveのアプリケーションテーマを組み合わせて使いましょう。

Ubuntu 20.04用のおすすめテーマ5選

関連記事

1件のコメント

[C151]

このテーマの記事待っておりました!
とても洗練されたテーマですね!

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2021 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Bibata - Amberオレンジ Classicブラック Iceホワイトの3色が選べるカーソルテーマ Jul 18, 2021

Simpler Off Menu - システムメニュー内の不要な項目を非表示にするGNOME Shell 拡張機能 Jul 10, 2021

Bubble - 透明の気泡に包まれたようなアイコンテーマ Jul 03, 2021

PhreshPlayer - 軽量シンプルを極めた動画プレイヤー Jun 19, 2021

Florence Virtual Keyboard タイプライターの音が心地よいソフトウェアキーボード Jun 12, 2021

Show Desktop Applet - ワンクリックで開いているすべてのウィンドウを最小化するGNOME Shell 拡張機能 Jun 05, 2021