Ubuntu 20.04でローカルに保存されたFlash (swf)ファイルを再生する方法

Adobe Flash Playerは2020年末にサポート終了

Ubuntu 20.04標準のTotemやSMPlayerなどの動画プレイヤーでは、Flash (swf)ファイルは再生できません。また、Google ChromeのFlashサポートは終了しているため、ブラウザウィンドウで開くこともできません。

Ubuntu 20.04 Flash Player

Ubuntu 18.04まではGnashというローカルのFlash (swf)ファイルを再生するためのアプリがあったのですが、Ubuntu 20.04には提供されていません。

また、Adobe Flash Playerは2020年12月にサポート終了となるので、それ以降はFlash (swf)ファイルが再生できなくなります。

昔保存したFlashゲームなどを2021年以降でも再生したいときは、早めにFlash Playerをダウンロードしておきましょう。

実行ファイル形式のFlash Playerをダウンロード

Flash Playerは実行ファイル形式のアプリとして提供されているので、インストールは不要です。ダウンロードするだけですぐに使えます。

Ubuntu 20.04 Flash Player ダウンロード

Adobe Flash Player - Debug Downloads

Adobe Flash Playerのダウンロードページにアクセスしたら、Linuxセクションにある「Download the Flash Player Projector (64-bit)」リンクをクリックして、「flash_player_sa_linux.x86_64.tar.gz (8.1MB)」をダウンロードします。

2021年以降はダウンロードできなくなるので、ダウンロードしたアーカイブはバックアップしておきます。

解凍したフォルダ内にある「flashplayer」が実行ファイルです。ダブルクリックして起動したら、「ファイル」メニューからswfファイルを開いてみましょう。

Flash Playerとswfファイルを関連付ける

ファイルの関連付けを行うのはThunarファイルマネージャが便利です。インストールしていない場合は、Synapticから「thunar」で検索してインストールしましょう。

まず、「$ sudo thunar」コマンドを実行して管理者権限で開いたら、「flashplayer」実行ファイルを「/usr/bin/」フォルダに移動しておきます。

次に、swfファイルのプロパティを開いて、「これで開く」リストから「他のアプリケーション」を選びます。

Ubuntu 20.04 Flash Player ファイルの関連付け

「指定コマンドを使用する」をクリックして「/usr/bin/flashplayer」と入力すればファイルの関連付けは完了です。

以後、swfファイルのダブルクリックでFlash Playerが起動するようになります。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2021 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Bibata - Amberオレンジ Classicブラック Iceホワイトの3色が選べるカーソルテーマ Jul 18, 2021

Simpler Off Menu - システムメニュー内の不要な項目を非表示にするGNOME Shell 拡張機能 Jul 10, 2021

Bubble - 透明の気泡に包まれたようなアイコンテーマ Jul 03, 2021

PhreshPlayer - 軽量シンプルを極めた動画プレイヤー Jun 19, 2021

Florence Virtual Keyboard タイプライターの音が心地よいソフトウェアキーボード Jun 12, 2021

Show Desktop Applet - ワンクリックで開いているすべてのウィンドウを最小化するGNOME Shell 拡張機能 Jun 05, 2021