Ubuntu 20.04でローカルに保存されたFlash (swf)ファイルを再生する方法

Adobe Flash Playerは2020年末にサポート終了

Ubuntu 20.04標準のTotemやSMPlayerなどの動画プレイヤーでは、Flash (swf)ファイルは再生できません。また、Google ChromeのFlashサポートは終了しているため、ブラウザウィンドウで開くこともできません。

Ubuntu 20.04 Flash Player

Ubuntu 18.04まではGnashというローカルのFlash (swf)ファイルを再生するためのアプリがあったのですが、Ubuntu 20.04には提供されていません。

また、Adobe Flash Playerは2020年12月にサポート終了となるので、それ以降はFlash (swf)ファイルが再生できなくなります。

昔保存したFlashゲームなどを2021年以降でも再生したいときは、早めにFlash Playerをダウンロードしておきましょう。

実行ファイル形式のFlash Playerをダウンロード

Flash Playerは実行ファイル形式のアプリとして提供されているので、インストールは不要です。ダウンロードするだけですぐに使えます。

Ubuntu 20.04 Flash Player ダウンロード

Adobe Flash Player - Debug Downloads

Adobe Flash Playerのダウンロードページにアクセスしたら、Linuxセクションにある「Download the Flash Player Projector (64-bit)」リンクをクリックして、「flash_player_sa_linux.x86_64.tar.gz (8.1MB)」をダウンロードします。

2021年以降はダウンロードできなくなるので、ダウンロードしたアーカイブはバックアップしておきます。

解凍したフォルダ内にある「flashplayer」が実行ファイルです。ダブルクリックして起動したら、「ファイル」メニューからswfファイルを開いてみましょう。

Flash Playerとswfファイルを関連付ける

ファイルの関連付けを行うのはThunarファイルマネージャが便利です。インストールしていない場合は、Synapticから「thunar」で検索してインストールしましょう。

まず、「$ sudo thunar」コマンドを実行して管理者権限で開いたら、「flashplayer」実行ファイルを「/usr/bin/」フォルダに移動しておきます。

次に、swfファイルのプロパティを開いて、「これで開く」リストから「他のアプリケーション」を選びます。

Ubuntu 20.04 Flash Player ファイルの関連付け

「指定コマンドを使用する」をクリックして「/usr/bin/flashplayer」と入力すればファイルの関連付けは完了です。

以後、swfファイルのダブルクリックでFlash Playerが起動するようになります。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2021 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 22.04の外観をmacOS Big Sur風にするテーマとアイコン May 14, 2022

Ubuntu 22.04で使えるおすすめのGNOME Shell 拡張機能 May 07, 2022

Ubuntu 22.04の新機能とインストール後の設定(LTSユーザー向け) May 06, 2022

VidCutterをUbuntu 22.04にインストール Apr 24, 2022

Screen Net Speed - ネットスピードをデスクトップ上にアニメーション表示するGNOME Shell 拡張機能 Apr 03, 2022

Showtime Horizontal GNOME Shell 拡張機能 - デスクトップの好きな位置に日付と時刻を表示する Mar 19, 2022