Ubuntu 20.04でデスクトップからのドラッグ&ドロップを有効にする

デスクトップとファイルマネージャの間でファイルの移動ができない

Ubuntu 20.04では、デスクトップに配置してあるアイコンは、Desktop Iconsというシステムの拡張機能によって管理されています。

そのため、NautilusやThunarのようなファイルマネージャとの間で、ドラッグ&ドロップによるファイルの移動ができません。

Desktop Icons NG GNOME Shell 拡張機能

Desktop Icons NG (DING) - GNOME Shell 拡張機能

デスクトップとファイルマネージャの間でファイルのやり取りを有効にするには、Desktop Icons NG GNOME Shell 拡張機能を使います。

Desktop Icons NGは、オリジナルのDesktop Iconsから派生したもので、デスクトップとのドラッグ&ドロップを有効にするなど、いくつかの機能が追加されています。

【動作確認 Ubuntu 20.04, Desktop Icons NG 0.11.0】

Desktop Icons NG GNOME Shell 拡張機能の使い方

Desktop Icons NGをインストールすると、デスクトップ上にゴミ箱などのアイコンが追加されますが、元からあるDesktop Iconsでアイコンなどをオンにしている場合は、二重に表示されることになります。

Desktop Iconsはシステムの拡張機能のため無効にできないので(スイッチをオフにしても勝手にオンに戻る)、オプションでデスクトップ上のアイコンをすべてをオフにしておきましょう。

Desktop Icons オプション スイッチオフ

次に、デスクトップを右クリックすると、以前とメニューが変わっていることに気づくと思います。このメニューから「設定」を選択すると、Desktop Icons NGのオプションが開きます。

Desktop Icons NG GNOME Shell 拡張機能 オプション

オプションでは、ゴミ箱やホームフォルダアイコンの表示のオン/オフやその大きさの変更、また、新しく追加されるアイコンの整頓方法などを設定できるので、好みに合わせてカスタマイズしましょう。

あとは、何かファイルをデスクトップとファイルマネージャの間でドラッグ&ドロップして、ファイルが移動できるか確認しましょう。

なお、有効になるのは移動のみで、「Ctrl」キーを押しながらでもコピーはできません。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2020 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Desert - 白とグレーを使わない黄褐色の落ち着いたテーマ Nov 28, 2020

The Circles - デスクトップに時計やCPU・メモリ使用率のサークルウィジェットを表示する Nov 21, 2020

Ubuntu 20.04でデスクトップからのドラッグ&ドロップを有効にする Oct 31, 2020

WhiteSur - Ubuntu 20.04をmacOS Big Sur風にするテーマとアイコン Oct 17, 2020

duf - ディスク使用量や空き容量を表形式で表示するコマンドラインツール Oct 10, 2020

OClock - パネルの時計をアナログ時計に置き換えるGNOME Shell 拡張機能 Sep 26, 2020