The Circles - デスクトップに時計やCPU・メモリ使用率のサークルウィジェットを表示する

GNOME Shell 拡張機能でデスクトップにウィジェットを追加する

Ubuntu 20.04でCPUやメモリの使用率を常に監視しておきたいときに便利なのが、The Circles GNOME Shell 拡張機能です。

The Circles GNOME Shell 拡張機能

The Circles - Desktop Widget - GNOME Shell 拡張機能

独立したサークル形状の美しいウィジェットをデスクトップに追加して、時計やCPU・メモリ使用率を表示できます。

追加でいくつかパッケージをインストールする必要はありますが、拡張機能なのでConkyのように面倒な設定はなく、オプションで色や透明度を自由にカスタマイズできます。

The Circles GNOME Shell 拡張機能のインストールと使い方

他のGNOME Shell 拡張機能と同様に、The Circlesも拡張機能のページにあるスイッチをオンにするだけでインストールできますが、デスクトップにはエラーメッセージが表示されるだけで、ウィジェットは追加されません。

The Circlesを動作させるためには、いくつかの追加パッケージをインストールする必要があります。

$ sudo apt install gir1.2-gtop-2.0 gir1.2-nm-1.0 gir1.2-wnck-1.0 gir1.2-clutter-1.0 gir1.2-gtkclutter-1.0

端末から上記コマンドを実行したあとに、いったんUbuntuをログオフして再ログインしましょう。

すると、エラーは発生せずに、デスクトップにサークルウィジェットが表示されるようになります。

最初は5種類すべてのサークルが表示されます。表示するウィジェットを選択するには、インストール済み拡張機能のページから、The Circlesのオプションを開きましょう。

The Circles GNOME Shell 拡張機能 オプション ウィジェット

「Widgets」タブで、デスクトップに表示するウィジェットのオンオフができます。

時計が3種類とCPU, RAMのウィジェットなので、好みのものだけ表示するようにしましょう。

The Circles GNOME Shell 拡張機能 オプション CPU

また、「CPU」タブなどでは、それぞれのサークルの色や透明度などを変更できます。

各サークルウィジェットは、マウスでデスクトップの自由な位置に移動できますが、普通にドラッグしても移動できません。ちょっとしたコツが必要です。

まず、マウスカーソルを移動したいウィジェット上に置きます。

次に、Superキーを押しながらドラッグを開始するとカーソルが「握った手」の形に変わるので、そのまま移動してドロップしましょう。

もし、この操作でマウスカーソルの形状が変わらないようなら、いったん拡張機能をオフにして、再度有効にしてから試してみましょう。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2020 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Desert - 白とグレーを使わない黄褐色の落ち着いたテーマ Nov 28, 2020

The Circles - デスクトップに時計やCPU・メモリ使用率のサークルウィジェットを表示する Nov 21, 2020

Ubuntu 20.04でデスクトップからのドラッグ&ドロップを有効にする Oct 31, 2020

WhiteSur - Ubuntu 20.04をmacOS Big Sur風にするテーマとアイコン Oct 17, 2020

duf - ディスク使用量や空き容量を表形式で表示するコマンドラインツール Oct 10, 2020

OClock - パネルの時計をアナログ時計に置き換えるGNOME Shell 拡張機能 Sep 26, 2020