Ubuntuのバージョンやサポート期間を確認するコマンド

lsb_releaseコマンドでバージョンを確認する

現在使用しているUbuntuのバージョンやコードネーム、またサポート期間を、端末からすばやく確認するためのコマンドを紹介します。

まず、もっともシンプルにUbuntuのバージョンを確認できるのが、lsb_releaseコマンドです(LSB : Linux Standard Base)。

$ lsb_release -a

No LSB modules are available.
Distributor ID:	Ubuntu
Description:	Ubuntu 20.04.2 LTS
Release:	20.04
Codename:	focal

lsb_releaseコマンドは、Ubuntu 20.04に標準でインストールされています。

「lsb_release -a」と「-a」オプションを付けて実行すれば、ポイントリリースを含めたバージョン「Ubuntu 20.04.2 LTS」とコードネーム「focal」を確認できます。

os-releaseファイルを参照する

Ubuntuのバージョンやコードネームは、システムの各種設定ファイルが格納されている「/etc」フォルダ内にある「os-release」というファイルに記載されています。

そのため、ファイルの内容を表示する「cat」コマンドを使って「os-release」ファイルの内容を表示すれば、簡単に現在のUbuntuのバージョン等を確認できます。

$ cat /etc/os-release

NAME="Ubuntu"
VERSION="20.04.2 LTS (Focal Fossa)"
ID=ubuntu
ID_LIKE=debian
PRETTY_NAME="Ubuntu 20.04.2 LTS"
VERSION_ID="20.04"
HOME_URL="https://www.ubuntu.com/"
SUPPORT_URL="https://help.ubuntu.com/"
BUG_REPORT_URL="https://bugs.launchpad.net/ubuntu/"
PRIVACY_POLICY_URL="https://www.ubuntu.com/legal/terms-and-policies/privacy-policy"
VERSION_CODENAME=focal
UBUNTU_CODENAME=focal

こちらの実行結果には、より詳細な情報が表示されますが、上から2行目にある「VERSION」を見るのが早いです。

「20.04.2 LTS (Focal Fossa)」のように、Ubuntuのバージョンとコードネームの両方を確認することができます。

ubuntu-security-statusコマンドでサポート期間を調べる

以前は、Ubuntuのサポート期間を調べるコマンドとして「ubuntu-support-status」があったのですが、Ubuntu 20.04にはこのコマンドはありません。

その代わりとしてUbuntu 20.04では「ubuntu-security-status」コマンドを使います。

$ ubuntu-security-status

1942 packages installed, of which:
1702 receive package updates with LTS until 4/2025
 229 could receive security updates with ESM Apps until 4/2030
・
・

実行結果の上部に表示される「LTS until 4/2025」がUbuntu 20.04のサポート期間で、2025年4月までサポートされます。

その下の「ESM Apps until 4/2030」ですが、これは「Extended Security Maintenance」という有償拡張サポート期間なので、個人としては関係ありません。

Linuxカーネルのバージョンはversionファイルに記載されている

さらに、Linuxカーネルのバージョンを調べたいときは、「/proc」フォルダ内にある「version」ファイルを参照しましょう。

$ cat /proc/version

Linux version 5.8.0-45-generic (buildd@lcy01-amd64-024) (gcc (Ubuntu 9.3.0-17ubuntu1~20.04) 9.3.0, GNU ld (GNU Binutils for Ubuntu) 2.34) #51~20.04.1-Ubuntu SMP Tue Feb 23 13:46:31 UTC 2021

「Linux version 5.8.0-45-generic 」のように、現在のカーネルのバージョンやタイムスタンプがわかります。

Neofetchコマンドでビジュアルに表示する

よりビジュアルにUbuntuのバージョンを確認したいときは、Neofetchコマンドを使いましょう。

Neofetch コマンド

Neofetchコマンドを実行するだけで、アスキーアートのUbuntuロゴと共に、バージョンだけでなく、PCのモデルやCPUの型番なども調べることができます。

Ubuntu 20.04には「$ sudo apt install neofetch」コマンドで簡単にインストールできます。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2021 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Florence Virtual Keyboard タイプライターの音が心地よいソフトウェアキーボード Jun 12, 2021

Show Desktop Applet - ワンクリックで開いているすべてのウィンドウを最小化するGNOME Shell 拡張機能 Jun 05, 2021

Ubuntu First Steps - Ubuntu 20.04で最初のカスタマイズを行うためのアプリ May 22, 2021

ArcMenu - 様々なスタイルのアプリケーションメニューを追加するGNOME Shell 拡張機能 May 15, 2021

Blanket - 自然・旅行・屋内など様々な環境音を再生できる音楽プレイヤー May 01, 2021

Jelly-Ellie 9色のフォルダが選べるパステルカラーの円形アイコン Apr 24, 2021