Ubuntu 22.04の新機能とインストール後の設定(LTSユーザー向け)

Ubuntu 22.04 Jammy Jellyfish(運のいいクラゲ)リリース

最新の長期サポート版(LTS: Long Term Support)であるUbuntu 22.04 Jammy Jellyfishが、2022年4月21日にリリースされました。サポート期間は2027年4月までの5年間になります。

Ubuntu 22.04

Releases - Ubuntu Wiki

Jammyは「ジャムのついた」という意味の形容詞ですが、英国では「運のいい」、つまりluckyやfortunateと同じ意味でも使われるそうです。

Jellyfishはもちろんクラゲなので、Ubuntu 22.04のコードネームは「運のいいクラゲ」ですね。

Ubuntu 22.04のカーネルはLinux Kernel 5.15、デスクトップ環境にはGNOME 42を採用しています。

また、デフォルトのディスプレイサーバーがXorgからWaylandに変更されています。

この記事では、以前のLTSであるUbuntu 20.04と比較したUbuntu 22.04の新機能や変更点、そしてUbuntu 22.04をインストールした後に行う基本的な初期設定について説明します。

新しいフラッターベースのインストーラー

UbuntuをインストールするときのUIが刷新され、Ubuntu 22.04からは新しくフラッターベースのインストーラーが採用されています。

Ubuntu 22.04 インストーラー

ライブDVDで起動した後、「Ubuntuを試す」からの一連のインストール手順は今までと同様です。

インストールするアプリケーションを最小限にできる「最小インストール」オプションも選択できます。

Ubuntu 20.04までは、1366x768の解像度では、インストーラーのウィンドウが画面からはみでるという問題点がありました。

Ubuntu 22.04のインストーラーは、相変わらずリサイズはできないものの、1366x768の解像度でも画面が切れないで表示されるように改善されています。

日本語入力を使えるようにする

Ubuntu 22.04で日本語入力を有効にする方法は、非常にシンプルです。

Ubuntu 22.04 日本語入力

トップバーの言語アイコンから「日本語 (Mozc)」を選択します。これだけで問題なく日本語入力できるようになります。

刷新されたテーマとアクセントカラーの選択

Ubuntu 20.04のデフォルトテーマは、タイトルバーがダークカラーでウィンドウがライトカラーの混合テーマでしたが、Ubuntu 22.04では、フルライトテーマかデフォルトになっています。

Ubuntu 22.04 テーマ

設定の「外観」で「暗い」を選択すれば、フルダークモードにも変更することも可能です。

また、歴代のUbuntuのアクセントカラーといえばオレンジや茄子色でしたが、Ubuntu 22.04からは、全10色の中から好みの色をアクセントカラーに設定できます。

ドックのカスタマイズオプションとデスクトップアイコン

Ubuntu 22.04ではドックに表示されるアイコンの数に応じて、自動リサイズするオプションが追加されました。

Ubuntu 22.04 ドック

「パネルモード」オプションがそれで、オフにするとアイコンの数に合わせてリサイズされるようになります。

また、「Dockの挙動の設定」からは、マウントされているボリュームやゴミ箱の表示/非表示を簡単に切り替えることができます。

Ubuntu 22.04からは、どういうわけかデスクトップアイコンのデフォルト位置が、左上から右下に変更されています。

ドックを下に表示していると邪魔なので、「新しいアイコンの配置位置」オプションを「左上」に戻しましょう。

なお、Ubuntu 22.04では、ファイルマネージャとデスクトップ間で、ドラッグ&ドロップによるファイルの移動ができるようになりました。

これは、デスクトップアイコンを制御するためのGNOME Shell 拡張機能が、デフォルトで「Desktop Icons NG (DING) 」に変更されたためです。

設定にマルチタスクが追加された

Ubuntu 22.04の設定を開くと気づきますが、Windows 10にあるような「マルチタスク」メニューが追加されています。

Ubuntu 22.04 マルチタスク

マルチタスクでは、ホットコーナーやスクリーンエッジの有効/無効を切り替えたり、ワーススペースの数を指定することができます。

Google Chromeをインストール

Ubuntu 22.04のデフォルトブラウザは、FirefoxのSnapパッケージ版ですが、これは起動が遅いなど多数の不具合を含んでいまるようです。

特にFirefoxにこだわらないなら、Google Chromeをインストールしてデフォルトブラウザを変更しましょう。

Ubuntu 22.04 Google Chrome インストール

まず、「google-chrome-stable_current_amd64.deb」をGoogle Chromeの公式ページからダウンロードします。

Ubuntu 22.04ではdebパッケージのデフォルトアプリが「アーカイブマネージャー」になっているので、このままではインストールできません。

ファイルマネージャのプロパティから既定のアプリケーションを「ソフトウェアのインストール」に変更すれば、ダブルクリックしてインストールできるようになります。

なお、不要になったFirefox Snap版は、Ubuntu Softwareから削除してしまいましょう。削除が完了すると、自動的にデフォルトブラウザもGoogle Chromeに変更されます。

Flatpakのインストール環境を整える

Ubuntu 22.04デフォルトのUbuntu SoftwareはSnap Storeからのインストールには対応していますが、Flathubからのインストールはできません。

Snapアプリには日本語が文字化けする、インストールしても起動できないなど、使えないものが多く含まれています。

一方、Flatpakアプリは日本語表示もでき、起動できないことは稀です。また、新しくに開発されたアプリはFlatpakで提供される傾向があるので、Flatpak版のアプリケーションのインストール環境を整えておきましょう。

まず、端末からFlatpakのクイックセットアップを実行します。

$ sudo apt install flatpak
$ sudo apt install gnome-software-plugin-flatpak
$ flatpak remote-add --if-not-exists flathub https://flathub.org/repo/flathub.flatpakrepo

あとは、Ubuntuを再起動すれば、Flatpakのインストールが可能になります。

Flatpakアプリの検索やインストールには「Ubuntu Software」ではなく「Gnome Software」を使います。

アプリケーションを検索したときに表示される白いアイコンの「ソフトウェア」が、Gnome Softwareです。もし、インストールされていない場合は、以下のコマンドでインストールしましょう。

$ sudo apt install gnome-software

動画プレイヤーやメディアコーデックをインストールする

Ubuntu 22.04の初期状態では、著作権保護の関係で、動画や音楽などのメディアは再生できません。

動画や音楽を再生するのに最も簡単な方法は、コーデックが内蔵されている「SMPlayer」や「VLC」などのメディアプレイヤーをインストールすることです。

コーデック内蔵プレイヤーなら面倒な設定は不要で、すぐにmp4やts形式の動画ファイル、mp3などの音楽ファイルを再生できます。

もし、Totemなどコーデックが内蔵されていないプレイヤーで再生したい場合には、「ubuntu-restricted-extras」をインストールする必要があります。

$ sudo apt-get install ubuntu-restricted-extras

インストールの途中で「ttf-mscorefonts-installer を設定しています。」というメッセージが表示されますが、「Tab」キーで「了解」にカーソルを合わせ、「Enter」キーでインストールを続けましょう。

なお、Totemはファイルマネージャに動画のサムネイルを表示するためにも必要になるので、Ubuntu 22.04を最小インストールした場合は追加しておきましょう。

もし動画のサムネイルが表示されない場合は、ffmpegthumbnailerもインストールしてみてください。

$ sudo apt install ffmpegthumbnailer

【注意】Totemでmp4を再生しようとするとクラッシュするバグがあります。

Bug #1969767 “totem crashes when attempting to play mp4 files” : Bugs : totem package : Ubuntu

私の試した限りでは、Ubuntu Softwareからインストールできるdeb版のTotemのみで発生するようです。

Flatpak版では再生できたので、TotemはFlatpak版をインストールするようにしましょう。

DVDを再生できるようにする

Ubuntuの公式ドキュメントには、DVD再生について以下のトピックがあります。

どうすればDVD再生用の制限されたコーデックを使用できますか?

このドキュメントによると、まず、libdvdnav4, libdvdread4, gstreamer1.0-plugins-bad, gstreamer1.0-plugins-uglyそしてlibdvd-pkgの5つのパッケージをインストールします。

次に端末から以下のコマンドを実行します。

$ sudo dpkg-reconfigure libdvd-pkg

DVDの再生に必要なlibdvdcss2がインストールされ、Ubuntu 22.04でもDVDが再生できるようになります。

SMPlayerで試してみましたが、問題なくDVDを再生できました。

アプリの起動時にウィンドウが最大化されないようにする

Ubuntu 22.04でアプリケーションを起動すると、そのウィンドウが常に最大化されて開かれてしまいます。

$ gsettings set org.gnome.mutter auto-maximize false

前回と同じサイズのウィンドウで開くように設定するには、端末から上記のコマンドを実行します。

ドックアイコンクリックでウィンドウの最小化を有効にする

最小化したアプリケーションのウィンドウを元に戻すには、ドックにあるアイコンをクリックしますが、何故かその逆はできません。

$ gsettings set org.gnome.shell.extensions.dash-to-dock click-action 'minimize'

このコマンドを実行すれば、ドックのアイコンクリックでウィンドウを最小化できるようになります。

デスクトップにゴミ箱を表示する

Ubuntu 22.04では、ゴミ箱アイコンがデスクトップからドックに移動されました。

ドックのゴミ箱はどうも不安定で、ファイルマネージャを起動できないときもあるので、デスクトップに表示しましょう。

$ gsettings set org.gnome.shell.extensions.ding show-trash true

これでデスクトップにゴミ箱を表示できます。また、非表示にするときは、コマンドの末尾をfalseにするだけです。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2021 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 22.04の外観をmacOS Big Sur風にするテーマとアイコン May 14, 2022

Ubuntu 22.04で使えるおすすめのGNOME Shell 拡張機能 May 07, 2022

Ubuntu 22.04の新機能とインストール後の設定(LTSユーザー向け) May 06, 2022

VidCutterをUbuntu 22.04にインストール Apr 24, 2022

Screen Net Speed - ネットスピードをデスクトップ上にアニメーション表示するGNOME Shell 拡張機能 Apr 03, 2022

Showtime Horizontal GNOME Shell 拡張機能 - デスクトップの好きな位置に日付と時刻を表示する Mar 19, 2022