GSmartControl - SMARTデータを利用したハードディスク診断ツール

ハードディスクのSMARTデータを検査してその状態を判断できる

Ubuntu 20.04で使用しているハードディスクの健康状態をチェックしたいときにおすすめなのが、GSmartControlです。

GSmartControl ディスク診断ツール

GSmartControl Home

SMART(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)とは、ハードディスクの自己診断機能のことで、比較的新しいハードディスクにはすべて内蔵されています。

UbuntuにはSMARTデータを使ってハードディスクの制御と監視を行うパッケージ「smartmontools」があり、その中に含まれているユーティリティー「smartctl」のGUIフロントエンドがGSmartControlになります。

GSmartControlを使えば、ハードディスクの総起動時間や読み込みエラー等の問題がないかを、簡単に調べることができます。

【動作確認 Ubuntu 20.04, GSmartControl 1.1.3】

GSmartControlのインストールと使い方

Ubuntu 20.04で動作するGSmartControlは標準リポジトリに含まれているので、端末から以下のコマンドでインストールできます。

$ sudo apt install gsmartcontrol

GSmartControlを起動すると、メインウィンドウが開いて、現在接続されているハードディスクやパーティションが表示されます。

GSmartControl ドライブ

各ドライブを選択したときに、「Enable SMAT」がチェックされていればSMART対応ハードディスクです。

自己診断テストを実行するには、ドライブアイコンの右クリックメニューから「Perform Tests」を選びましょう。

GSmartControl テストの実行

「Test Type」リストから実行するテストの種類を選びます。

「Short Self-test」と「Extended Self-test」の2種類がありますが、「Extended Self-test」は2時間以上かかるので、まずは短時間で終了する「Short Self-test」を実行してみましょう。

そのまま「実行」ボタンをクリックすれば、自己診断テストが開始されます。

GSmartControl テスト結果

テストが完了して「Test Result: Completed without error」と表示されれば、そのハードディスクの状態は健全だということになります。

GSmartControl SMARTデータの詳細

また、SMARTデータの詳細は「Attributes」タブで参照することができます。

問題があるSMARTデータは、ピンクや赤の色付きで表示されるので、色がついていなければとりあえず安心ということですね。

なお、各データの説明は、マウスオーバーしたときのツールチップで確認できます。例えば、「Power-On Time」の「Raw value」はハードディスクに電源が入っていた総時間です。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2021 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntuの端末で天気を確認するコマンド5選 Apr 17, 2021

DeaDBeeF - 画面分割してカスタマイズできる高速音楽プレイヤー Apr 09, 2021

Cloudy - 柔らかな色合いで目にも優しいブルーとグレーのテーマ Apr 03, 2021

e4defragコマンドでUbuntuの断片化を検査するデフラグを実行する Mar 28, 2021

Ubuntuのバージョンやサポート期間を確認するコマンド Mar 20, 2021

speedtest-cli 端末からネット回線速度を測定するコマンドラインツール Mar 13, 2021