Ubuntu 12.04 ClamTk 最新版へのアップデートとウイルススキャンの設定

Ubuntu 12.04でClamTkを最新版にアップデートする

ClamTkの「ヘルプ」メニューから「アップデートの確認」を実行するとわかりますが、Ubuntu 12.04の公式リポジトリからインストールできるClamTkのバージョンは4.38で、これは最新版ではありません。

Ubuntu 12.04 ClamTk ウイルススキャン

シグネチャ(ウイルス定義ファイル)は最新になるので、このまま使用することもできますが、GUIつまりClamTkのバージョンを最新にしたいときは、debパッケージから最新版をインストールします。

Ubuntu 12.04 ClamTk ウイルススキャン GUIのアップデート

ClamTk Download: http://sourceforge.net/projects/clamtk/files/ClamTk/

ClamTkのダウンロードページから、最新版のdebパッケージ(現時点でclamtk_4.39-1_all.deb)をダウンロードします。

debパッケージを右クリックして、Ubuntuソフトウェアセンターからインストールすれば完了です(前のバージョンを削除せず、上書きインストール可能)。

これで、GUIのバージョンは最新になり、アンチウイルスエンジン(ClamAV)の期限切れメッセージも、表示されなくなります。

ClamTk スキャンオプションを設定して ドラッグ&ドロップでウイルススキャン

ClamTkを最新版にアップデートしたら、ウイルススキャンする前に、ツールバーの「設定」ボタンをクリックして、スキャンオプションを設定します。

Ubuntu 12.04 ClamTk ウイルススキャン スキャンオプションの設定

「スキャン設定」タブのオプションは、デフォルトですべてオフに設定されています。

ホームフォルダや、ダウンロードしたファイルをウイルススキャンするなら、以下の3つのオプションをオンにしておきましょう。

  • dotで始まるファイルをスキャン: ホームフォルダ内の隠しフォルダもスキャンする。
  • フォルダにあるすべてのファイルとフォルダをスキャン: サブフォルダもスキャンする。
  • 20MB以上のファイルもスキャンする: スキャン対象のサイズ制限をなくす。

最新版のClamTkでは、ファイルやフォルダをドラッグ&ドロップするだけで、スキャンできるようになっています。

Ubuntu 12.04 ClamTk ウイルススキャン ドラッグドロップでスキャン開始

ウィンドウ下部のエリアに、ファイルやフォルダをドラッグ&ドロップすれば、自動的にウイルススキャンが開始されます。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2018 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 18.04で重複ファイルを検索して削除する方法(FSlintとfdupes) Apr 20, 2019

Ubuntu 18.04の隠れた自動起動するアプリケーションをすべて表示する方法 Apr 13, 2019

Ubuntu 19.04は新機能にカーネル5.0やGNOME 3.32を搭載してリリース Apr 05, 2019

Electric Funeral - メタルっぽい雰囲気で統一されたアイコンテーマ Mar 30, 2019

Elements - 元素の分類がパステルカラーで色分けされた周期表アプリ Mar 23, 2019

Ubuntu 18.04 拡張機能なしでmacOSのような中央寄せのドックに変更する Mar 16, 2019