Marlin 便利機能が満載の軽量ファイルマネージャ

Marlinとは?

Marlinとは、elementary OS Lunaに、デフォルトで搭載される予定の軽量ファイルマネージャです。

Marlin Ubuntu ファイルマネージャ

Marlin PPA: https://launchpad.net/~marlin-devs/+archive/marlin-daily

Ubuntu 12.04 - Marlin ファイルマネージャ
バージョンインストール方法起動方法
Marlin 0.1端末から下記のコマンドを実行、PPAリポジトリを追加してインストール後、Ubuntuを再起動Unity DashまたはCinnamon Menuから「marlin」で検索して起動
$ sudo add-apt-repository ppa:marlin-devs/marlin-daily
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install marlin

Marlinには、アイコンビュー、リストビュー、コンパクトビューに加えて、フォルダの階層をカスケードして表示する「カラムビュー」が用意されています。

他にも、ファイルやフォルダにカラーラベルを付ける、フォルダの場所を端末で開く、ゴミ箱に移動せずに完全に削除するなど、便利な機能が満載のファイルマネージャです。

Marlin フォルダ階層がひとめでわかるカラムビュー

Marlinのカラムビューは、フォルダ階層がひとめでわかるので便利です。

Marlin Ubuntu ファイルマネージャ カラムビュー

ツールバーの一番右にあるボタンをクリックすると、カラムビューに切り替わります。

フォルダを選ぶと、フォルダ階層をカスケードする様に、ファイルやフォルダが表示されていきます。

また、ツールバーの場所は「パンくずリスト」形式で表示され、どの階層のフォルダでも一発で表示できます。

下部のコンテキストペインには、選択しているファイルやフォルダの情報が、さらにデバイスには棒グラフでディスクの使用状況も表示されます。

Marlin 右クリックメニューから便利機能が使える

Marlinの右クリックメニューには、Nautilusにはない便利な機能がいくつか用意されています。

Marlin Ubuntu ファイルマネージャ 右クリックメニュー

まず、メニューのカラーパレットから色をクリックすれば、そのフォルダにカラーラベルを付けることができます。

また、ゴミ箱に移動しないで、すぐに完全削除したいときは、「Delete Parmanentry」を選びましょう。

「Open in terminal」メニューを選択すれば、そのフォルダをカレントにして、端末を開くこともできます。

Marlin シンプルなオプション設定

Marlinのオプション設定は、とてもシンプルです。

「Edit」メニューから「Preferences」を選ぶと、「Marlinの設定」が開きます。

Marlin Ubuntu ファイルマネージャ オプション設定

「動作」タブで、シングルクリック/ダブルクリックで開くの切り替え、また、Marlinをデフォルトのファイルマネージャにするかを設定できます。

今のところ、設定できるオプションはこれだけのようですね。

まだまだ開発途中なので、動作が不安定になることもありますが、軽快で使いやすいファイルマネージャです。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2019 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 18.04で使える軽量キーボードランチャー4つ (Ulauncher/Albert/Synapse/Launchy) May 19, 2019

Playbox - 場面ごとに流す楽曲をキューに登録して使う音楽プレイヤー May 11, 2019

Ubuntu 18.04の不要ファイルを削除する3つの代表的なアプリ(Ubuntu Cleaner/BleachBit/GtkOrphan) May 03, 2019

Ubuntu 18.04で重複ファイルを検索して削除する方法(FSlintとfdupes) Apr 20, 2019

Ubuntu 18.04の隠れた自動起動するアプリケーションをすべて表示する方法 Apr 13, 2019

Ubuntu 19.04は新機能にカーネル5.0やGNOME 3.32を搭載してリリース Apr 05, 2019