Ubuntu 18.04の隠れた自動起動するアプリケーションをすべて表示する方法

自動起動するアプリケーションの設定には一部のプログラムしか表示されない

Ubuntu 18.04の起動時に実行されるプログラムを確認するには、アプリケーションの表示から「session」で検索して、「自動起動するアプリケーションの設定」を起動します。

Ubuntu 18.04 自動起動するアプリケーション

デフォルトで自動起動するアプリケーションの設定には、ほんの一部のプログラムしか表示されず、ほとんどのプログラムは隠された状態になっています。

すべての起動時プログラムを表示して管理するためには、テキストを一括変換する「sed」コマンドを使ってデスクトップ設定ファイルを書き換える必要があります。

自動起動するアプリケーションの設定に隠しプログラムをすべて表示するコマンド

Ubuntu 18.04の自動起動するアプリケーションの設定に、すべての起動時プログラムを表示するには、端末から以下のコマンドを実行します。

$ sudo sed -i 's/NoDisplay=true/NoDisplay=false/g' /etc/xdg/autostart/*.desktop

コマンドを実行したら、自動起動するアプリケーションの設定を開いてみましょう。

Ubuntu 18.04 自動起動するアプリケーション 隠しプログラム表示

「GNOME Settings Daemon」など、今までは隠れて表示されていなかった起動時プログラムが、すべて表示されます。

例えば、「アップデート通知」のチェックをオフにすれば、Ubuntu起動時の更新プログラムチェックを無効にできます。

他にも様々な隠しプログラムが表示されますが、よくわからないプログラムをオフにするとUbuntuが正常に起動しなくなる恐れがあるので、明確にわかるプログラム以外はやめておきましょう。

また、元の状態に戻したいときは、「NoDisplay=false/NoDisplay=true」に置き換えて、もう一度以下のコマンドを実行します。

$ sudo sed -i 's/NoDisplay=false/NoDisplay=true/g' /etc/xdg/autostart/*.desktop

自動起動するアプリケーションの設定を開くと、デフォルトの隠しプログラムの状態に戻りますが、すべて表示した状態でチェックをオフにしたものは、再度オンにできるように追加で表示されます。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2019 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 20.04 LTSのリリースと新機能(随時更新) Jan 22, 2020

Pogo - 軽量で最も操作がシンプルな音楽プレイヤー Jan 18, 2020

Cumulus Qt - 情報量が豊富で美しい外観の天気アプリ Jan 12, 2020

Alarm Cron - 複数のアラーム・タイマー・ストップウォッチをまとめて管理できる Dec 28, 2019

galculator - 用途に合わせて3つのモードを切り替えて使う電卓 Dec 21, 2019

CALIGATOR - 計算式をタイプして使う電卓アプリ Dec 07, 2019