Florence Virtual Keyboard タイプライターの音が心地よいソフトウェアキーボード

サウンドフィードバックでタイプライターを再現

ブラウザから各種アカウントにログインするときなど、キーボードよりも安全にIDやパスワード入力するために利用されるのがソフトウェアキーボードです。

Florence Virtual Keyboard

Florence Virtual Keyboard

Ubuntu 20.04用のソフトウェアキーボードの中でも、特にカスタマイズ性に富んだものがFlorence Virtual Keyboardです。

キーの形状や色などの外観を好みにカスタマイズできるだけでなく、サウンドフィードバックという機能でタイプライターのサウンドや効果を再現できます。

また、キーボード全体がリサイズ可能なので、入力するウィンドウに合わせて自由に大きさを変えることもできます。

【動作確認 Ubuntu 20.04, Florence Virtual Keyboard 0.6.3】

Florence Virtual Keyboardのインストールと使い方

Ubuntu 20.04で動作するFlorence Virtual Keyboardは、Ubuntu Softwareから簡単にインストールできます。「Florence」で検索してインストールしましょう。

Florence Virtual Keyboard デフォルト

Florence Virtual Keyboardを起動したら、キーボード左の上から2番目にある「レンチ」キーをクリックしてオプションを開きます。

Florence Virtual Keyboard オプション スタイル

最初の「style」メニューでは、ソフトウェアキーボードの外観を変更できます。

「shape」オプションは各キー形状で、「flat」「bright」「hard」「default」の4種類あるので好みのものを選びましょう。

また、その下のパレットで、キーの色やラベルの色などを変更できます。

「Enable sound feedback」がサウンド効果のオプションです。デフォルトでオンになっており、キークリック時に、まるでタイプライターを打っているときのような音がします。

Florence Virtual Keyboard オプション ウィンドウ

次の「window」メニューは、キーボードウィンドウの設定です。

「Decoreted」オプションをオフにすると、ウィンドウタイトルを非表示にしてキーボードのみを表示することができます(ただし移動やリサイズは不可)。

キーボードを半透明にしたいときは、「Transparent」をオンにして、「Opacity」スライダーで調整しましょう。

また、一番下にある「Floating icon」は、デスクトップ左上に表示されて、クリックでキーボードの表示/非表示を切り替えるアイコンです。

オプションの設定を終えたら、右下の「Apply」キーで反映して、マウスによる入力を試してみましょう。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2021 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 22.04の外観をmacOS Big Sur風にするテーマとアイコン May 14, 2022

Ubuntu 22.04で使えるおすすめのGNOME Shell 拡張機能 May 07, 2022

Ubuntu 22.04の新機能とインストール後の設定(LTSユーザー向け) May 06, 2022

VidCutterをUbuntu 22.04にインストール Apr 24, 2022

Screen Net Speed - ネットスピードをデスクトップ上にアニメーション表示するGNOME Shell 拡張機能 Apr 03, 2022

Showtime Horizontal GNOME Shell 拡張機能 - デスクトップの好きな位置に日付と時刻を表示する Mar 19, 2022