Ubuntu 18.04のスクリーンセーバーをXScreenSaverに置き換える

Ubuntu 18.04でレトロなスクリーンセーバーを表示する

XScreenSaverとは、Linux、macOS、iOS、Android向けに提供されている、無料のスクリーンセーバーコレクションです。

Ubuntu 18.04 XScreenSaver スクリーンセーバー

XScreenSaver

Ubuntu 18.04でシステムのアイドル状態が続いたときには、画面が真っ黒のブランクスクリーンになりますが、これは標準でインストールされているGnome Screensaverの機能によるものです。

昔のブラウン管モニタとは違って、現在の液晶モニタが焼き付く心配はありませんが、ブランクスクリーンだと電源が入っているのかどうかわかりにくいですよね。

Ubuntu 18.04でも、昔ながらのレトロなスクリーンセーバーを表示したいときにおすすめなのが、XScreenSaverです。

ワイヤーフレームやドットなど、数十種類のスクリーンセーバーから、好みのものを選んで表示することができます。

【動作確認 Ubuntu 18.04, XScreenSaver 5.36】

XScreenSaverのインストールと自動起動の設定

XScreenSaverをインストールする前に、まず、Ubuntu 18.04にインストールされているGnome Screensaverを削除する必要があります。

端末から以下のコマンドを実行して、Gnome Screensaverを削除しましょう。

$ sudo apt-get remove gnome-screensaver

続いて、Ubuntu 18.04の公式リポジトリからXScreenSaverをインストールします。

$ sudo apt-get install xscreensaver

さらに、追加パッケージ「xscreensaver-data-extra」と「xscreensaver-gl-extra」をインストールしておけば、使えるスクリーンセーバーの種類が増えます。

$ sudo apt-get install xscreensaver-data-extra xscreensaver-gl-extra

あとは、自動起動するアプリケーションに以下のランチャーを追加しておけば、Ubuntu 18.04起動時にXScreenSaverが動くようになります。

Ubuntu 18.04 XScreenSaver スクリーンセーバー 自動起動

名前と説明は何でもかまいませんが、コマンドには「xscreensaver -nosplash」と入力してください。

XScreenSaverの使い方

いったんUbuntu 18.04を再起動したら、ランチャーから「xscreensaver」で検索して起動します。

Ubuntu 18.04 XScreenSaver スクリーンセーバー 設定

デフォルトでは、左側のリストでチェックされているスクリーンセーバーを、ランダムに表示する設定になっています。

各セーバーは「プレビュー」ボタンで表示できるので、お気に入りのものをチェックしていきましょう。

もし、スクリーンセーバーを1種類だけに限定したいときは、「モード」を「一つのセーバーのみ」に変更して、リストから1つだけ選択するようにします。

また、「ブランクになるまで」の時間でセーバーを起動するまでの時間を、「セーバーの周期」でセーバーが変わるタイミングを設定できます。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2019 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

ShutdownTimer GNOME拡張機能 トップバーにシャットダウンタイマーを追加する Feb 24, 2020

Prof-Gnome ダークテーマ嫌いのためのオーソドックスなライトテーマ Feb 15, 2020

ClassicMenu Indicator - アプリケーションメニューから選択してアプリを起動する Feb 08, 2020

Indicator Brightness - 画面の明るさを「数値」で調整できる Feb 01, 2020

Up Clock - 色の変化が美しいタイマー付きデジタル時計 Jan 26, 2020

Ubuntu 20.04 LTSのリリースと新機能(随時更新) Jan 22, 2020