Ubuntu 18.04にSysPeekシステムモニターをインストール

アニメーションするCPU使用率のアイコンをトップバーに表示

SysPeekとは、Ubuntu 18.04のトップバーから使うシンプルなシステムモニターです。

Ubuntu 18.04 SysPeek システムモニター

WebUpd8 : Alin Andrei

Ubuntu 18.04でCPUやメモリの使用率、ハードディスクの使用量や空き容量、また、ダウンロードとアップロードの速度などを、GUIから簡単にモニタリングできるのが、SysPeekです。

アニメーションするCPU使用率のアイコンをトップバーに表示して、いつでもCPUの状態を監視できます。

アイコンのプルダウンメニューからは、CPU使用率の実際の数値や他のメモリ使用量などの情報を確認でき、また、Ubuntu標準のシステムモニターを起動することもできます。

【動作確認 Ubuntu 18.04, SysPeek 0.3】

SysPeekをWebUpd8のPPAからインストール

SysPeekシステムモニターは、現在WebUpd8のPPAでメンテナンスされています。

端末から以下のコマンドを実行して、PPAリポジトリを追加してインストールしましょう。

$ sudo add-apt-repository ppa:nilarimogard/webupd8
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install syspeek

インストールが完了したら、オーバービューから「syspeek」で検索して起動しましょう。

アイコンをクリックしたときのメニューには、デフォルトで以下の項目が表示されます。

  • Ubuntuのシステムモニターを起動
  • CPU使用率
  • メモリとスワップの使用量
  • ハードディスクの使用量
  • ダウンロードとアップロードの速度

また、SysPeekは「自動起動するアプリケーション」にも登録されるので、Ubuntu起動時に自動起動されるようになります。

オプションでシステムモニターに表示する項目を変更する

トップバーのアイコンをクリックしたときに表示される項目をカスタマイズするには、メニューから「Preferences」を選んでオプション画面を開きます。

Ubuntu 18.04 SysPeek CPUの設定

CPU全体の平均だけでなく、コアごとの使用率も表示したいときは、「CPU」タブにある「Display CPU load for each core」オプションをチェックします。

次の「Memory」タブでは、メモリとスワップの表示のオン/オフを設定できます。

Ubuntu 18.04 SysPeek ディスクの設定

デフォルトではUbuntuがインストールされたディスクのみの情報が表示されますが、他のディスクやパーティションの空き容量/総容量の表示を追加したいときは、「Disk」タブを選びましょう。

「追加」ボタンをクリックして、マウントされているディスクやパーティションを選択すれば、その情報がプルダウンメニューに追加されます。

Ubuntu 18.04 SysPeek ネットワークの設定

最後の「Network」タブにある「Display total network traffic」をチェックしておけば、現在のダウンロードとアップロードの速度だけでなく、総受信量と総送信量も合わせて表示することができます。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2020 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Video Downloader - 余計な機能はすべて省いた動画ダウンロードツール Sep 12, 2020

Ubuntu 20.04で速すぎるマウスカーソルの動きを修正する方法 Sep 05, 2020

nmon - キー操作でオンオフを切り替えるコマンドラインのシステムモニター Aug 22, 2020

Ksnip - 注釈機能が便利なQtベースのスクリーンショットツール Aug 14, 2020

Goobox - Ubuntu 20.04でMP3に簡単CDリッピング Aug 08, 2020

Add to Desktop - デスクトップにショートカットを作成するGNOME Shell 拡張機能 Aug 01, 2020