Waterfall - Ubuntuにインストール済みのフォントをサイズ別に滝のように一覧表示する

フォント内のすべての文字をサイズ別に一覧表示

Waterfall (gwaterfall)とは、Ubuntuにインストールされているフォントの文字を、好みのサイズで一覧できるアプリです。

gwaterfall Ubuntu フォント 一覧

gwaterfall package in Ubuntu https://launchpad.net/ubuntu/+source/gwaterfall

Ubuntu 14.10 - Waterfall フォント 一覧
バージョンインストール方法起動方法
gwaterfall 0.1-5.1Ubuntuソフトウェアセンターから「gwaterfall」で検索してインストールDashホームから「gwaterfall」で検索して起動

Ubuntuにインストール済みのフォントの文字を、サイズ別に確認したいときに使えるのが、Waterfall (gwaterfall)です。

プレビューしたいフォントを選択して、フォントサイズの最小値と最大値を設定すれば、滝のようにフォントサンプルを一覧表示できます。

フォントの種類やサイズの最大/最小を切り替えて一覧表示する

Waterfallを起動すると、まず、アルファベット順で最初のフォントのサンプルテキストが、フォントサイズの最小値(5pt)から最大値(36pt)の範囲で一覧表示されます。

gwaterfall Ubuntu フォントの種類 フォントサイズ

左上のボックスでプレビューしたいフォントの種類を、その右のボックスで「Bold」「Italic」などフォントのタイプを選択できます。

一覧表示されるフォントの最小サイズと最大サイズは、「Smallest」「Biggest」ボックスの数値で変更します。

また、「Increment」ボックスで、フォントサイズの増分(2ptごとなど)も設定できるので、好みの設定でフォントをプレビューしてみましょう。

gwaterfall Ubuntu フォントの文字の変更

ツールバーの左右矢印ボタンをクリックすれば、表示する文字のブロックを移動させて、サンプルにはない文字を表示することもできます。

元のサンプルに戻りたいときは、「Quick Brown」ボタンをクリックです。

右上の「Aspect」の数値を変更すれば、フォントのアスペクト比(縦横比)を変更することもできます。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2018 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 18.04の隠れた自動起動するアプリケーションをすべて表示する方法 Apr 13, 2019

Ubuntu 19.04は新機能にカーネル5.0やGNOME 3.32を搭載してリリース Apr 05, 2019

Electric Funeral - メタルっぽい雰囲気で統一されたアイコンテーマ Mar 30, 2019

Elements - 元素の分類がパステルカラーで色分けされた周期表アプリ Mar 23, 2019

Ubuntu 18.04 拡張機能なしでmacOSのような中央寄せのドックに変更する Mar 16, 2019

Panel OSD GNOME拡張機能 邪魔な通知バブルの位置を自由に変更できる Mar 09, 2019