動作が軽いドックランチャー「DockbarX」をインストールして外観を好みにカスタマイズ

ドックランチャーをUnityランチャーの代わりに使う

DockbarXとは、動作が軽く外観を好みにカスタマイズできるドックランチャーです。

DockbarX Ubuntu ドックランチャー

PPA for Dockbar Main Group https://launchpad.net/~dockbar-main/+archive/ubuntu/ppa

Ubuntu 14.10 - DockbarX ドックランチャー
バージョンインストール方法起動方法
DockbarX 0.91.4端末から下記のコマンドを実行、PPAリポジトリを追加してインストールDashホームから「dockx」で検索して起動
$ sudo add-apt-repository ppa:dockbar-main/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install dockbarx dockbarx-themes-extra

「Unityランチャーの代わりにドックランチャーを画面下に配置して使いたい」というときにおすすめなのが、DockbarXです。

数種類のドックテーマから好みのものを選んで、ボタンやウィンドウリストの外観を自由にカスタマイズできます。

ドックへのアプリの登録や削除も簡単で、アクティブウィンドウを回避するように挙動するので、邪魔になりません。

ドックテーマやボタンなどの外観を好みにカスタマイズ

DockbarXを起動する前に、まず、システム設定の「外観」の「挙動」タブから、「Launcherを自動的に隠す」をオンにして、Unityランチャーを隠すようにしておきましょう。

DockbarXを起動したら、ドックを右クリックして、メニューから「プロパティ」を開きます。

DockbarX Ubuntu ドックランチャー 設定 テーマ

「ドック」タブでは、ドックの配置位置や挙動、また、ドックテーマを変更できます。

ドックを画面下中央に配置するには、「種類」を「センター」、「配置位置」を「下」に設定しましょう。

「挙動」から「アクティブウィンドウ回避」を選んでおけば、アクティブウィンドウが重なったときにドックが非表示になるので、邪魔になりません。

「ドックのテーマ」リストからテーマを選んで、右側の更新アイコンをクリックするとテーマが反映されるので、好みのテーマを選択してみましょう。

また、「Dock Applets」タブからは、時計やインジケーターをドックに追加することもできます。

DockbarX Ubuntu ドックランチャー 外観の設定

「外観」タブでは、ドック上のボタンやウィンドウリストの外観を変更できます。

「テーマ」リストからボタンの外観を、「ウィンドウリストのスタイル」からは、マウスオーバーや右クリックで表示されるウィンドウリストの外観を、それぞれ選択できます。

DockbarX Ubuntu ドックランチャー アプリアイコンの登録

ドックへのアプリアイコンの登録は、とても簡単にできます。登録したいアプリを起動したら、右クリックして「ドックバーに登録」を選ぶだけです。

また、アプリアイコンの並び替えは、ドラッグ&ドロップするだけです。

DockbarX Ubuntu ドックランチャー 自動起動

なお、DockbarXは「自動起動するアプリケーションの設定」には登録されないので、コマンド欄に「/usr/bin/dockx」と入力して登録しておきましょう。

ランチャーの関連記事一覧 - Ubuntuアプリのいいところ

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2019 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Quintom Cursors - マウスカーソルをより明瞭なブラックorホワイトに変更する Nov 09, 2019

Borealis - ハイライトカラーを7色から選べるダークとライトの中間テーマ Oct 26, 2019

Ubuntu 20.04 LTSのリリースと新機能(随時更新) Oct 19, 2019

pastel - 端末で色の表示やランダムカラー生成ができるコマンドラインツール Oct 12, 2019

Qimgv - フォルダビューが快適なQt5ベースの高速画像ビューア Sep 28, 2019

Ubuntu 18.04のスクリーンセーバーをXScreenSaverに置き換える Sep 21, 2019