Force Quit アプリの強制終了アイコンをUbuntu 15.04のUnityランチャーに追加する

Unityランチャーからフリーズしたアプリを強制終了

FlashFreezeとは、Ubuntuでフリーズしたアプリケーションを、Unityランチャーから強制終了できるアプリです。

FlashFreeze Ubuntu 15.04 アプリの強制終了

Packages in FlashFreeze https://launchpad.net/~shnatsel/+archive/ubuntu/flashfreeze/+packages

Ubuntu 15.04 - FlashFreeze アプリの強制終了
バージョンインストール方法起動方法
flashfreeze_0.1debパッケージ「flashfreeze_0.1-0-1-raring1_all.deb (i386)」をダウンロードしてインストールUnityランチャーにアイコンを追加して起動

フリーズしたアプリケーションをワンクリックで強制終了できるのが、FlashFreezeです。

FlashFreezeの開発は既に終了しており、Ubuntu 13.04 Raring Ringtail以降はアップデートがないのですが、Ubuntu 15.04にもインストールして使うことができます(i386のみ)。

Force QuitアイコンをUnityランチャーに追加してアプリを強制終了する

FlashFreezeをUbuntu 15.04にインストールするには、まず、「Packages in FlashFreeze」のページからdebパッケージをダウンロードします。

FlashFreeze Ubuntu 15.04 debパッケージ ダウンロード

「Source」リストから「flashfreeze - 0.1-0~1~raring1」をクリックしたら、下部にある「flashfreeze_0.1-0~1~raring1_all.deb (2.3 KiB)」リンクからdebパッケージをダウンロードできます(ビルドはi386のみです)。

debパッケージをダウンロードしたら、あとはUbuntuソフトウェアセンターからインストールしましょう。

次に、Force QuitアイコンをUnityランチャーに追加します。

FlashFreeze Ubuntu 15.04 ランチャーにアイコンを追加

ファイルマネージャで「/usr/share/applications/」を開いたら、「Force Quit」を探して、Unityランチャーにドラッグ&ドロップしましょう。

FlashFreeze Ubuntu 15.04 アプリの強制終了の仕方

アプリの強制終了の仕方は、とても簡単です。

「Force Quit」アイコンをクリックすると、上の画面のようなメッセージが表示されるので、ウィンドウを左クリックすれば強制終了、右クリックでキャンセルです。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2019 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 20.04 LTSのリリースと新機能(随時更新) Jan 22, 2020

Pogo - 軽量で最も操作がシンプルな音楽プレイヤー Jan 18, 2020

Cumulus Qt - 情報量が豊富で美しい外観の天気アプリ Jan 12, 2020

Alarm Cron - 複数のアラーム・タイマー・ストップウォッチをまとめて管理できる Dec 28, 2019

galculator - 用途に合わせて3つのモードを切り替えて使う電卓 Dec 21, 2019

CALIGATOR - 計算式をタイプして使う電卓アプリ Dec 07, 2019