Synapticから未設定パッケージを削除してディスクをクリーンアップする

アプリのアンインストール後に残る未設定パッケージを削除する

Ubuntuでアプリケーションを削除しても、いくつかの未設定パッケージはシステムに残ったままになります。

Synaptic Ubuntu 未設定パッケージの削除

Ubuntu 15.10 - Synapticパッケージマネージャ
バージョンインストール方法起動方法
synaptic 0.81.4Ubuntuソフトウェアセンターから「synaptic」で検索してインストールDashホームからで「synaptic」検索して起動

未設定パッケージを残しておいても、特に問題はありませんが、よりシステムをクリーンにしてディスク容量を節約したいときは、まとめて削除しておきましょう。

Synapticパッケージマネージャを使えば、システムに残留する未設定パッケージを削除して、ディスクをクリーンアップすることができます。

Synapticパッケージマネージャから未設定パッケージを選んで削除する

Synapticパッケージマネージャを起動したら、まず、左側にある「状態」をクリックして、「未インストール(未設定)」を選びます。

Synaptic Ubuntu 未設定パッケージ 完全削除指定

すると、システムに残留する未設定パッケージの一覧が表示されます。

例えば私は、Ubuntu 15.10にデフォルトでインストールされている「brasero」「rhytmbox」「shotwell」「thunderbird」は、使わないので削除しましたが、それぞれ未設定パッケージが残っているのがわかります。

これら削除したい未設定パッケージを右クリックして、メニューから「完全削除指定」を選んでいきます。

削除する未設定パッケージを選択し終わったら、ツールバーから「適用」ボタンをクリックして、ディスクをクリーンアップしましょう。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2018 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 18.04の隠れた自動起動するアプリケーションをすべて表示する方法 Apr 13, 2019

Ubuntu 19.04は新機能にカーネル5.0やGNOME 3.32を搭載してリリース Apr 05, 2019

Electric Funeral - メタルっぽい雰囲気で統一されたアイコンテーマ Mar 30, 2019

Elements - 元素の分類がパステルカラーで色分けされた周期表アプリ Mar 23, 2019

Ubuntu 18.04 拡張機能なしでmacOSのような中央寄せのドックに変更する Mar 16, 2019

Panel OSD GNOME拡張機能 邪魔な通知バブルの位置を自由に変更できる Mar 09, 2019