Ambiant-Aero Ubuntu 16.04のウィンドウを使い慣れたWindows 7にするテーマ

Windows 7のウィンドウを忠実に再現したテーマ

Ambiant-Aeroとは、Ubuntu 16.04のウィンドウをWindows 7のようにできるデスクトップテーマです。

Ambiant-Aero Ubuntu 16.04 Windows 7 テーマ

Ambiant-Aero GNOME-Look.org http://gnome-look.org/content/show.php/Ambiant-Aero?content=175836

Ubuntu 16.04 - Ambiant-Aero テーマ
バージョンインストール方法適用方法
Ambiant-Aero 0.8.6「175836-Ambiant-Aero_0.8.6.tar.xz (504KB)」をダウンロードしてインストールUnity Tweak Toolから「Ambiant-Aero」テーマを選択

自宅ではUbuntu、会社ではWindows 7という方も多いのでは?

使い慣れたWindows 7のウィンドウを、Ubuntu 16.04で忠実に再現できるのが、Ambiant-Aero テーマです。

ウィンドウボタンは「×」「_」「□」にデザインされ、選択色には濃いブルーが採用されています。

また、ウィンドウだけでなく、ボタンやプログレスバーなどのコントロールにもWindows 7のデザインが再現されています。

Ambiant-Aero テーマのインストールと適用

Ambiant-Aeroをインストールするには、まず、「175836-Ambiant-Aero_0.8.6.tar.xz (504KB)」アーカイブをダウンロードします。

解凍すると「Ambiant-Aero」フォルダが生成されるので、そのまま「/usr/share/themes/」フォルダへコピーしましょう。

※ 「/usr/share/themes/」フォルダへのコピーは、端末から「$ sudo nautilus」コマンドを実行して、管理者権限でファイルマネージャを起動する必要があります。

あとは、Unity Tweak Toolのテーマから「Ambiant-Aero」を選べば、ウィンドウがWindows 7に変わります。

Ambiant-Aero Ubuntu 16.04 Windows 7 テーマ パネル メニュー

パネルの色はグラデーション2色のダークグレーです。また、メニューの背景はライトグレーなので、文字がはっきりと見えますね。

Ambiant-Aero Ubuntu 16.04 Windows 7 テーマ ランチャー

ランチャーアイコンには、一般的なボタンアイコンが採用されています。

Dashのロゴが、UbuntuからWindowsに変わるのもおもしろいですね。

なお、Google Chromeのタブバーをより自然な色に変更したいときは、「Windows 7/Vista Basic theme」を合わせてインストールしましょう。

Windows 7/Vista Basic theme - Chrome ウェブストア https://chrome.google.com/webstore/detail/windows-7vista-basic-them/gedoljloemmlladanecopmigompalajg

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2019 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

pastel - 端末で色の表示やランダムカラー生成ができるコマンドラインツール Oct 12, 2019

Qimgv - フォルダビューが快適なQt5ベースの高速画像ビューア Sep 28, 2019

Ubuntu 18.04のスクリーンセーバーをXScreenSaverに置き換える Sep 21, 2019

Avidity - Ubuntu 18.04を完全なダークモードにできるテーマとアイコン Sep 14, 2019

Pngquant - ほぼ無劣化でPNG画像を70%も圧縮できるコマンドラインツール Sep 07, 2019

Translatium - 90以上の翻訳言語に対応した使いやすいUIの翻訳アプリ Aug 31, 2019