Antiviral 0.1.0 ウイルススキャン もう一つのClamAVのGUI Ubuntu16.04対応版リリース

新しいインターフェースが採用されよりスキャンしやすくなった

Antiviralとは、オーソドックスな画面と操作で、簡単にウィルスをスキャンできるClamAVのGUIフロントエンドです。

Antiviral 0.1.0 Ubuntu 16.04 ウイルススキャン

Antiviral : atareao-team https://launchpad.net/~atareao/+archive/ubuntu/antiviral

Ubuntu 16.04 - Antiviral ウイルススキャン
バージョンインストール方法適用方法
0.1.0-0extras16.04.0atareao-team AntiviralのPPAを追加してインストールDashから「antiviral」で検索して起動
$ sudo add-apt-repository ppa:atareao/antiviral
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install antiviral

コマンドラインのウイルスソフトClamAVのGUIは、ClamTkだけでなくもう一つあります。

それがAntiviralで、ClamTkのようなアイコンを中心としたインターフェースと違い、ボタンやリストで構成されたオーソドックスな画面が特徴です。

スキャンするフォルダを登録しておけるので、頻繁に同じフォルダをスキャンしたい場合におすすめです。

最新版のAntiviral 0.1.0 Ubuntu16.04対応版では、従来の縦型のインターフェースではなく、横型の新しいインターフェースが採用され、よりスキャンしやすくなっています。

freshclam.log is locked エラーでウイルス定義ファイルがGUIから更新できない

Antiviralを起動して「Update」ボタンでウイルス定義ファイルを更新しようとすると、以下のエラーが発生します。

ERROR: /var/log/clamav/freshclam.log is locked by another process

これは、freshclam.logファイルがclamav (ver. 0.99)自体にロックされているために発生するエラーのようです。

freshclam.logファイルを管理者権限で削除すれば、Antiviralから手動で更新することもできますが、freshclam.logの中身を見ればわかるように、clamavはバックグラウンドで自動的にウイルス定義ファイルを更新しているので、特にこのまま使用しても定義ファイルを最新に保つことができます。

Sat Jun  4 11:42:14 2016 -> ClamAV update process started at Sat Jun  4 11:42:14 2016
Sat Jun  4 11:42:14 2016 -> WARNING: Your ClamAV installation is OUTDATED!
Sat Jun  4 11:42:14 2016 -> WARNING: Local version: 0.99 Recommended version: 0.99.2
Sat Jun  4 11:42:14 2016 -> DON'T PANIC! Read http://www.clamav.net/support/faq
Sat Jun  4 11:42:14 2016 -> main.cvd is up to date (version: 57, sigs: 4218790, f-level: 60, 
builder: amishhammer)
Sat Jun  4 11:42:14 2016 -> daily.cld is up to date (version: 21666, sigs: 233918, f-level: 63, 
builder: neo)
Sat Jun  4 11:42:14 2016 -> bytecode.cvd is up to date (version: 277, sigs: 47, f-level: 63, 
builder: neo)

これは、freshclam.logファイルの一部ですが、Ubuntu起動直後に、ウイルス定義ファイル「main.cvd」などが更新されているのがわかりますね。

スキャンするフォルダを登録して再帰的にウイルススキャンする

Antiviralでウイルススキャンするには、まず、スキャンするフォルダを登録しましょう。

Antiviral 0.1.0 Ubuntu 16.04 ウイルススキャン フォルダの登録

右側にある「+」ボタンで、スキャンフォルダを登録していきます。

再帰的にスキャンするため、リストの各行にある「Rec」をチェックしたら、「Scan folders」ボタンでウイルススキャンを開始しましょう。

Antiviral 0.1.0 Ubuntu 16.04 ウイルススキャン スキャンの実行

再帰的なスキャン実行中には、このようにスキャンしたファイルが表示されていきます。

「Congratulations!!, no viruses found」と表示されば、スキャンは完了です。

なお、「Scan home」ボタンでは再帰的なスキャンは実行されないので、注意してください。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2019 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Mini Diary - パスワードで暗号化して保護できるセキュアな日記アプリ Jun 16, 2019

Ubuntu 18.04の再起動時に強制的にディスクチェックする方法 Jun 08, 2019

Ubuntu 18.04にSysPeekシステムモニターをインストール Jun 01, 2019

Dual - カラフルなツートンカラーの円形アイコンテーマ May 26, 2019

Ubuntu 18.04で使える軽量キーボードランチャー4つ (Ulauncher/Albert/Synapse/Launchy) May 19, 2019

Playbox - 場面ごとに流す楽曲をキューに登録して使う音楽プレイヤー May 11, 2019