GSettingsコマンドでUbuntuのデスクトップアイコンをすべて隠す方法

散らかったデスクトップアイコンを一瞬で非表示にできる

デスクトップを作業中のファイルやダウンロードファイルの保存先にしているなど、デスクトップがアイコンで埋まっていくことがありませんか?

GSettings Ubuntu コマンド デスクトップアイコン すべて隠す

デスクトップに散らばったアイコンをすべて隠したいときに使えるのが、GSettingsコマンドです。

GSettingsコマンドは、Ubuntuデスクトップの様々な設定を変更するためのコマンドで、「show-desktop-icons」の値を変更するだけで、デスクトップアイコンの表示/非表示をすばやく切り替えることができます。

GSettingsコマンドで「show-desktop-icons」の値を変更する

Ubuntuのデスクトップアイコンをすべて隠したいときには、端末から以下のコマンドを実行しましょう。

$ gsettings set org.gnome.desktop.background show-desktop-icons false

一瞬で、すべてのデスクトップアイコンが非表示になります。

また、元通りにアイコンを表示するには、「show-desktop-icons」の値を「true」にして実行するだけです。

$ gsettings set org.gnome.desktop.background show-desktop-icons true

スクリーンショットを撮るときなど、デスクトップに散らばったアイコンを一時的に隠したいときに便利ですね。

また、デスクトップアイコンを他人に見られたくない場合は、「show-desktop-icons」の値を常に「false」に設定しておきましょう。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2019 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Quintom Cursors - マウスカーソルをより明瞭なブラックorホワイトに変更する Nov 09, 2019

Borealis - ハイライトカラーを7色から選べるダークとライトの中間テーマ Oct 26, 2019

Ubuntu 20.04 LTSのリリースと新機能(随時更新) Oct 19, 2019

pastel - 端末で色の表示やランダムカラー生成ができるコマンドラインツール Oct 12, 2019

Qimgv - フォルダビューが快適なQt5ベースの高速画像ビューア Sep 28, 2019

Ubuntu 18.04のスクリーンセーバーをXScreenSaverに置き換える Sep 21, 2019