EME (Elegant Markdown Editor) シンプルなタブ形式のMarkdownエディタ

フォーカスモードで集中してMarkdownを記述できる

EME (Elegant Markdown Editor) とは、クロスプラットフォームのシンプルなタブ形式のMarkdownエディタです。

EME (Elegant Markdown Editor) Ubuntu Markdownエディタ

Elegant Markdown Editor https://github.com/egoist/eme

EME Deb Package Download https://github.com/egoist/eme/releases

Ubuntu 16.04 - EME (Elegant Markdown Editor) Markdownエディタ
バージョンインストール方法起動方法
EME 0.8.0「EME_0.8.0_amd64.deb (30.7KB)」をダウンロードして、GDebiからインストールDashから「eme」で検索して起動

タブとステータスバーのみのシンプルなインターフェースで、ただMarkdownを記述することに集中できるのが、EME (Elegant Markdown Editor) です。

エディタのみ、プレビューのみ、エディタとプレビューの3つのモードを切り替えて、Markdownを記述できます。

さらに、現在の段落以外をグレーアウトするフォーカスモードを搭載しており、よりテキストを書くことに集中できます。

また、日本語のPDFとしてエクスポートできるので、PDFエディタとしても使うことができます。

編集モードを切り替えてMarkdownを記述する

EME (Elegant Markdown Editor)を起動してMarkdownを記述したら、編集モードを切り替えてみましょう。

EME (Elegant Markdown Editor) Ubuntu Markdownエディタ 編集モードの切り替え

ステータスバー右側の3つのボタンで編集モードの切り替えができます。左からエディタのみ、エディタとプレビュー、プレビューのみなので、必要に応じて使い分けましょう。

また、より集中したいときは、「Ctrl + \」キーを押します。

EME (Elegant Markdown Editor) Ubuntu Markdownエディタ フォーカスモード

するとフォーカスモードがオンになり、現在編集中の段落以外はグレーアウトするので、より集中してテキストを書くことができるようになります。

新しいタブの追加は「Ctrl + T」キー、Markdownファイルの保存は「Ctrl +S」キーです。

また、PDFファイルに保存したいときは、「Ctrl + Shift + P」キーでエクスポートしましょう。

プレビューと同じイメージで、日本語も文字化けすることなくPDF化することができます。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2018 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 18.04の隠れた自動起動するアプリケーションをすべて表示する方法 Apr 13, 2019

Ubuntu 19.04は新機能にカーネル5.0やGNOME 3.32を搭載してリリース Apr 05, 2019

Electric Funeral - メタルっぽい雰囲気で統一されたアイコンテーマ Mar 30, 2019

Elements - 元素の分類がパステルカラーで色分けされた周期表アプリ Mar 23, 2019

Ubuntu 18.04 拡張機能なしでmacOSのような中央寄せのドックに変更する Mar 16, 2019

Panel OSD GNOME拡張機能 邪魔な通知バブルの位置を自由に変更できる Mar 09, 2019