cmus - キーボードだけで軽快に操作する端末ベースの音楽プレイヤー

ツリーとソートの2種類のビューで楽曲を再生できる

cmus (C* Music Player) とは、UbuntuなどのLinux系OS向けに開発された端末ベースの音楽プレーヤーです。

cmus Ubuntu 端末 音楽プレイヤー

C* Music Player https://cmus.github.io/

Ubuntu 16.04 - cmus (C* Music Player) 端末 音楽プレイヤー
バージョンインストール方法起動方法
cmus v2.7.1端末から「$ sudo apt-get install cmus」コマンドでインストール端末から「cmus」コマンドを実行して起動

とにかく軽量でキーボード操作の音楽プレイヤーが好みの方におすすめなのが、cmus (C* Music Player) です。

アーティストやアルバムでグループ化するツリービューと、すべてフラットにして並び替えるソートビューの2種類の表示を切り替えて、キーボードだけで軽快に楽曲を再生することができます。

端末ベースの音楽プレーヤーなので、軽量でメモリ消費も少なく、音楽ファイルの読み込みが速いため、低スペックのPCでも十分に使えます。

ライブラリに音楽ファイルを追加してキーボード操作で再生する

cmusを端末から起動すると、最初に何もないツリービューが開きます。

ライブラリに楽曲をとりこむには、数字の「5」キーを押しましょう。

cmus Ubuntu 端末 音楽プレイヤー ブラウザ

ファイルブラウザが表示されるので、音楽ファイルのあるフォルダを選んだら、「a」キーでライブラリに楽曲が取り込まれます。

cmus Ubuntu 端末 音楽プレイヤー ツリービュー

数字の「1」キーでツリービューに戻ると、アーティスト別に楽曲が表示されます。

左ペインから上下矢印キーでアーティストを選択、スペースキーでアルバムを展開したら、上下矢印キーで再生したいアルバムを選びます。

「Tab」キーで右ペインにカーソルを移動したら、上下キーで楽曲を選んで、「Enter」キーで再生しましょう。

他にも一時停止は「C」キー、ボリューム調整は「+」「-」キー、プレイヤーの終了は「q」キーです。数字の「7」キーを押すとショートカットキーのヘルプが表示されるので、詳しくはそちらを参照してください。

cmus Ubuntu 端末 音楽プレイヤー ソートビュー

また、数値の「2」キーで、楽曲をフラットに表示するソートビューに切り替えることもできます。

上下キーで選んで「Enter」で再生するだけなので、こちらの方が操作が簡単ですね。

なお、cmusのライブラリは自動的に更新されません。音楽ファイルを追加したり削除したときは、もう一度ライブラリを取り込みましょう。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2018 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 18.04の隠れた自動起動するアプリケーションをすべて表示する方法 Apr 13, 2019

Ubuntu 19.04は新機能にカーネル5.0やGNOME 3.32を搭載してリリース Apr 05, 2019

Electric Funeral - メタルっぽい雰囲気で統一されたアイコンテーマ Mar 30, 2019

Elements - 元素の分類がパステルカラーで色分けされた周期表アプリ Mar 23, 2019

Ubuntu 18.04 拡張機能なしでmacOSのような中央寄せのドックに変更する Mar 16, 2019

Panel OSD GNOME拡張機能 邪魔な通知バブルの位置を自由に変更できる Mar 09, 2019