Thunar 1.6.10でファイルをリネームするとクラッシュするバグを修正する

Thunar 1.6.10 リネームバグの修正パッチリリース

Thunarとは、サイドバーでフォルダのツリー表示ができる軽量なXfce標準のファイルマネージャです。

Thunar 1.6.10 Ubuntu リネーム クラッシュ パッチ

Ubuntu 16.04にインストールできるThunar 1.6.10では、ファイルをリネームするときにThunarがクラッシュして突然終了するバグが報告されています。

Bug #1512120 “thunar crashes on file renaming” https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/thunar/+bug/1512120

実際に使っていると、かなりの頻度で落ちるので、非常に困っていたのですが、Yuri Ribeiro Sucupira氏によって、このバグを修正できるパッチが提供されました。

Thunar 1.6.10+patch1 https://launchpad.net/~yuri-sucupira/+archive/ubuntu/thunar1.6.10-fix

修正パッチはPPAとして提供されているので、簡単にインストールしてThunarのリネームバグを修正することができます。

Thunar 1.6.10+patch1をPPAからインストール

Thunar 1.6.10+patch1をインストールは簡単です。端末を起動したら、以下のコマンドを順次実行していきましょう。

$ sudo add-apt-repository ppa:yuri-sucupira/thunar1.6.10-fix
$ sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv AF8C7F18
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get dist-upgrade -y

Thunar 1.6.10+patch1が適用されているかどうかは、Synapticでインストール済みバージョンを見れば確認できます。

パッチを適用後、しばらく使っていますが、ファイルをリネームした時にThunarがクラッシュすることはなくなりました。

ただ、依然としてファイルをリネームや移動したときに、稀に発生する更新の遅れは修正されていないので、そのときは「F5」キーで更新しましょう。

なお、上記コマンドを実行すると「dist-upgrade -y」によりパッケージ構成が変更されるため、Synapticでバージョンを固定していたパッケージもアップグレードされてしまいます。

gThumbをダウングレードして使っている場合などは、再インストールが必要になるので、注意してください。

関連記事

2件のコメント

[C122]

同じ症状で悩んでいたので、とても助かりました。情報ありがとうございます。

[C123]

クラッシュは改善してますがUSBのマウントで固まる症状がでますね
この辺りはPC側の相性もありそうですが

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2019 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Mini Diary - パスワードで暗号化して保護できるセキュアな日記アプリ Jun 16, 2019

Ubuntu 18.04の再起動時に強制的にディスクチェックする方法 Jun 08, 2019

Ubuntu 18.04にSysPeekシステムモニターをインストール Jun 01, 2019

Dual - カラフルなツートンカラーの円形アイコンテーマ May 26, 2019

Ubuntu 18.04で使える軽量キーボードランチャー4つ (Ulauncher/Albert/Synapse/Launchy) May 19, 2019

Playbox - 場面ごとに流す楽曲をキューに登録して使う音楽プレイヤー May 11, 2019