SMPlayer 17.1 リリース タブレットモードの搭載やChromecast対応など

Linux/Windows用コーデック内蔵メディアプレーヤー 魅力的な新機能を搭載してアップグレード

SMPlayerとは、様々な形式の動画や音楽ファイルを再生するコーデックを内蔵した、Linux/Windows用のメディアプレーヤーです。

SMPlayer 17.1 Ubuntu 動画プレイヤー

SMPlayerの5つの新機能のご紹介 http://smplayer.sourceforge.net/ja/changes

Ubuntu 16.04 - SMPlayer 動画プレイヤー
バージョンインストール方法起動方法
SMPlayer 17.1SMPlayerの公式PPAを追加してインストールDashホームから「smplayer」で検索して起動

2017年1月にリリースされた最新のSMPlayer 17.1には、魅力的な新機能が多数搭載されています。

タッチスクリーンに対応したタブレットモード、高DPIスクリーン対応、バックグラウンドでも操作できるグローバルショートカット、また試験的ではありますが、Chromecastへの対応もされています。

他にも、OSDへのメディア情報の表示やステータスバーへのビットレートの表示など、細かいですが便利な機能も追加されています。

SMPlayer 17.1をUbuntu 16.04に公式PPAからインストール

最新のSMPlayer 17.1は、公式PPAからUbuntu 16.04にインストールできます。

$ sudo add-apt-repository ppa:rvm/smplayer
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install smplayer

SMPlayer 17.1 Ubuntu 動画プレイヤー タブレットモード

「オプション」メニューから「タブレットモード」を選択すると、タブレットモードが有効になります。

タブレットモードでは、フォントサイズが若干大きくなり、上下スライドで音量調整、左右スライドで動画シークができるようになります。

マウスでも同様の操作ができるので、試してみましょう。

SMPlayer 17.1 Ubuntu 動画プレイヤー Chromecast

「再生」メニューには「Chromecastで再生」が追加されており、ブラウザで「SMPlayer Chromecast Control」が開けるようになっています。

Chromecastを利用している方は、実際に試してみるといいかもしれませんね。

SMPlayer 17.1 Ubuntu 動画プレイヤー OSDへの情報表示

また、これは16.11からの新機能ですが、「表示」-「OSD」-「OSDに情報を表示」メニューを選ぶか、「Shift + I」キーで、OSDに動画の情報が表示されます。

ボーダーで囲まれたフォントがとても見やすく、動画のコーデックや解像度、ビットレートなどがひとめでわかります。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2019 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Quintom Cursors - マウスカーソルをより明瞭なブラックorホワイトに変更する Nov 09, 2019

Borealis - ハイライトカラーを7色から選べるダークとライトの中間テーマ Oct 26, 2019

Ubuntu 20.04 LTSのリリースと新機能(随時更新) Oct 19, 2019

pastel - 端末で色の表示やランダムカラー生成ができるコマンドラインツール Oct 12, 2019

Qimgv - フォルダビューが快適なQt5ベースの高速画像ビューア Sep 28, 2019

Ubuntu 18.04のスクリーンセーバーをXScreenSaverに置き換える Sep 21, 2019