SMPlayer 17.1 リリース タブレットモードの搭載やChromecast対応など

Linux/Windows用コーデック内蔵メディアプレーヤー 魅力的な新機能を搭載してアップグレード

SMPlayerとは、様々な形式の動画や音楽ファイルを再生するコーデックを内蔵した、Linux/Windows用のメディアプレーヤーです。

SMPlayer 17.1 Ubuntu 動画プレイヤー

SMPlayerの5つの新機能のご紹介 http://smplayer.sourceforge.net/ja/changes

Ubuntu 16.04 - SMPlayer 動画プレイヤー
バージョンインストール方法起動方法
SMPlayer 17.1SMPlayerの公式PPAを追加してインストールDashホームから「smplayer」で検索して起動

2017年1月にリリースされた最新のSMPlayer 17.1には、魅力的な新機能が多数搭載されています。

タッチスクリーンに対応したタブレットモード、高DPIスクリーン対応、バックグラウンドでも操作できるグローバルショートカット、また試験的ではありますが、Chromecastへの対応もされています。

他にも、OSDへのメディア情報の表示やステータスバーへのビットレートの表示など、細かいですが便利な機能も追加されています。

SMPlayer 17.1をUbuntu 16.04に公式PPAからインストール

最新のSMPlayer 17.1は、公式PPAからUbuntu 16.04にインストールできます。

$ sudo add-apt-repository ppa:rvm/smplayer
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install smplayer

SMPlayer 17.1 Ubuntu 動画プレイヤー タブレットモード

「オプション」メニューから「タブレットモード」を選択すると、タブレットモードが有効になります。

タブレットモードでは、フォントサイズが若干大きくなり、上下スライドで音量調整、左右スライドで動画シークができるようになります。

マウスでも同様の操作ができるので、試してみましょう。

SMPlayer 17.1 Ubuntu 動画プレイヤー Chromecast

「再生」メニューには「Chromecastで再生」が追加されており、ブラウザで「SMPlayer Chromecast Control」が開けるようになっています。

Chromecastを利用している方は、実際に試してみるといいかもしれませんね。

SMPlayer 17.1 Ubuntu 動画プレイヤー OSDへの情報表示

また、これは16.11からの新機能ですが、「表示」-「OSD」-「OSDに情報を表示」メニューを選ぶか、「Shift + I」キーで、OSDに動画の情報が表示されます。

ボーダーで囲まれたフォントがとても見やすく、動画のコーデックや解像度、ビットレートなどがひとめでわかります。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2021 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 22.04の外観をmacOS Big Sur風にするテーマとアイコン May 14, 2022

Ubuntu 22.04で使えるおすすめのGNOME Shell 拡張機能 May 07, 2022

Ubuntu 22.04の新機能とインストール後の設定(LTSユーザー向け) May 06, 2022

VidCutterをUbuntu 22.04にインストール Apr 24, 2022

Screen Net Speed - ネットスピードをデスクトップ上にアニメーション表示するGNOME Shell 拡張機能 Apr 03, 2022

Showtime Horizontal GNOME Shell 拡張機能 - デスクトップの好きな位置に日付と時刻を表示する Mar 19, 2022