Parole Media Player 0.9.0 リリース 新機能ミニモードの搭載

動画をコンパクトに表示するミニモードやプレイ/リプレイロゴが追加された

Xfce標準の軽量メディアプレイヤーParoleの開発が再開され、約1年4か月ぶりとなるメジャーアップデート版がリリースされました。

Parole Media Player 0.9.0 Ubuntu 動画プレイヤー

Parole Media Player 0.9.0 Released https://smdavis.us/2017/02/11/parole-media-player-0-9-0-released/

Ubuntu 16.04 - Parole Media Player 動画プレイヤー
バージョンインストール方法起動方法
Parole Media Player 0.9.0「parole_0.9.0-0build2-ubuntu16.04_amd64.deb (341KB)」をダウンロードしてGDebiからインストールDashホームから「parole」で検索して起動

新しく追加された「ミニモード」では、最小限のコントロールだけ配置したコンパクトなプレイヤーで動画を再生することができます。

また、コンテンツエリアに大きな「プレイ」「リプレイ」ロゴが表示され、クリックするだけで、すばやく動画を再生したり繰り返すことができるようになっています。

他にも、ID3タグが見つからない場合、そのファイル名をタイトルバーに表示する機能の追加や、数々のバグフィックスが適用され、より使いやすく安定したバージョンになっています。

Parole Media Player 0.9.0のDebパッケージをダウンロードしてインストール

公式には、Parole 0.9.0はソースコードのみの提供ですが、UbuntuHandbookがビルドしたDebパッケージを使えば、簡単にインストールすることができます。

UbuntuHandbook Parole Deb Package Download http://ppa.launchpad.net/ubuntuhandbook1/apps/ubuntu/pool/main/p/parole/

上記のDebパッケージがプールされているページにアクセスしたら、「parole_0.9.0-0build2-ubuntu16.04_amd64.deb」をクリックしてダウンロード、あとは、Gdebiからインストールしましょう。

なお、「parole-dev」は開発用パッケージなので、間違えないように注意してください。

Parole Media Player 0.9.0 Ubuntu 動画プレイヤー プレイロゴ

Parole 0.9.0を起動すると、中央に大きな「プレイロゴ」が表示されます。

「プレイロゴ」をクリックすると、「メディアファイルを開く」ダイアログが表示されるので、動画ファイルを選択して再生しましょう。

また、動画の再生が終わると「リプレイロゴ」に変わり、クリックするだけですばやく繰り返すことができます。

ミニモードに切り替えるには、右クリックメニューから「Mini Mode」を選びましょう。

Parole Media Player 0.9.0 Ubuntu 動画プレイヤー ミニモード

ミニモードは、ほぼ正方形で固定サイズのプレイヤーです。

コンパクトなプレイヤーなので、デスクトップの隅に置いておけば、他の作業の邪魔になりませんね。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2019 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

CALIGATOR - 計算式をタイプして使う電卓アプリ Dec 07, 2019

CRUSHED - 単色グラデーションが美しい4色バリエーションのアイコンテーマ Nov 30, 2019

nmcliコマンドで端末に利用可能なWiFiネットワーク一覧を表示する Nov 23, 2019

countdownコマンドで端末にカウントダウンタイマーを表示する Nov 17, 2019

Quintom Cursors - マウスカーソルをより明瞭なブラックorホワイトに変更する Nov 09, 2019

Borealis - ハイライトカラーを7色から選べるダークとライトの中間テーマ Oct 26, 2019