UbuntuIndicatorWeather v0.9 天気の状況や湿度・風速などの表示に対応

様々な気象データを表示するメニューが追加された

UbuntuIndicatorWeather v0.9がリリースされ、天気と気温以外にも、様々な気象データを確認できるようになりました。

UbuntuIndicatorWeather v0.9 天気 インジケーター

UbuntuIndicatorWeather - GitHub https://github.com/kasramp/UbuntuIndicatorWeather

Download UbuntuIndicatorWeather Deb Package https://github.com/kasramp/UbuntuIndicatorWeather/releases/download/v0.9/indicator-weather_0.9-0ubuntu4_all.deb

Ubuntu 16.04 - UbuntuIndicatorWeather 天気 インジケーター
バージョンインストール方法起動方法
UbuntuIndicatorWeather v0.9「indicator-weather_0.9-0ubuntu4_all.deb (23.2KB)」をダウンロードしてGDebiからインストールUbuntuの起動時に自動的に実行される

前のバージョンまでは、パネルに現在の天気アイコンと気温を表示するだけでした。

UbuntuIndicatorWeather v0.9では、新たにパネルメニューが追加され、天気状況、湿度、風速、雲量、気圧、視界の6つの気象データを表示することができます。

また、気象データの取得に、より拡張性の高いEris Weather APIが採用されています。

パネルメニューから現在の天気状況や湿度・風速などを確認する

UbuntuIndicatorWeather v0.9を起動すると、まず、IPアドレスから現在の場所が自動検出され、パネルに天気アイコンと気温が表示されます。

通常プロバイダから提供されるIPアドレスは変化します。

自動検出された場所が近くでない場合は、以下の記事を参考にして、オプションから日本の市区町村の緯度経度を固定しましょう。

UbuntuIndicatorWeather - 天気アイコンと気温だけをシンプルに表示するインジケーター

UbuntuIndicatorWeather v0.9 天気 パネルメニュー

天気状況や湿度・風速など、追加された気象データを確認したいときは、パネルアイコンをクリックしてメニューを表示しましょう。

上から、現在の天気状況、湿度、風速、雲量、気圧、視界の気象データが表示されます。

UbuntuIndicatorWeather v0.9 天気 設定

なお、今のところ気温以外のデータの単位は変更できません。例えば、日本の風速の単位は「m/s」ですが、「km/h」で表示されるので注意してください。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2019 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Quintom Cursors - マウスカーソルをより明瞭なブラックorホワイトに変更する Nov 09, 2019

Borealis - ハイライトカラーを7色から選べるダークとライトの中間テーマ Oct 26, 2019

Ubuntu 20.04 LTSのリリースと新機能(随時更新) Oct 19, 2019

pastel - 端末で色の表示やランダムカラー生成ができるコマンドラインツール Oct 12, 2019

Qimgv - フォルダビューが快適なQt5ベースの高速画像ビューア Sep 28, 2019

Ubuntu 18.04のスクリーンセーバーをXScreenSaverに置き換える Sep 21, 2019