Ubuntu 18.04 LTSはGNOMEを標準デスクトップとしてリリースされる

Unity 8とモバイルOSの開発は中止に

UbuntuとCanonicalの創設者であるMark Shuttleworth氏は、2017年4月5日に、Unity 8とUbuntu for phonesの開発を中止するとアナウンスしました。

Ubuntu 18.04 GNOME

Growing Ubuntu for Cloud and IoT, rather than Phone and convergence: https://insights.ubuntu.com/2017/04/05/growing-ubuntu-for-cloud-and-iot-rather-than-phone-and-convergence/

2015年ごろから開始された、Unity 8をPC、スマートフォン、タブレットで動作させるプロジェクト「convergence」は、開発を終了することになりました。

Ubuntu 11.04で初めて採用され、7年間親しんだUnityデスクトップ環境ですが、順次メンテナンスを終了し、Ubuntu 18.04 LTSでは標準デスクトップがGNOMEに戻ることになります。

今後Ubuntuはデスクトップとサーバー、組み込みOSが中心となる

アナウンスのタイトルに「コンバージェンスではなくUbuntuはクラウドとIoTのために成長していく」とあるように、今後Ubuntuはデスクトップとサーバー、そしてオートメーションやロボット工学などの組み込みOSを中心に開発が進んでいくことになります。

ちょうど「世界のOSシェアでAndroidがWindowsを抜いてトップになる」というニュースがあった直後のタイミングなので、「よくぞ英断してくれた」というのが個人的な感想です。

遅れに遅れているUnity 8をリリースしたところで、いまさらモバイルOS市場に何の影響も与えないでしょう。

Windowsが著しく信用を失い弱体化している今こそ、狙うはデスクトップOSのシェアとプレインストールPCです。

近年では、UbuntuがGNOME2を採用していたころに比べて、Unity用のUbuntuアプリの開発者は激減し、提供されるアプリケーションの種類がさみしくなっていました。

また、Unity 8では従来のUnity 7用のアプリが正常に動作しなくなるという恐れもあり、このままUnity 8に移行すると、ますます使えるアプリの数が減少することが懸念されていました。

今後はUbuntu 18.04 LTSがGNOMEに戻ることで、以前のように活気のあるオープンソースアプリの開発環境が整うことを期待したいですね。

関連記事

1件のコメント

[C137]

朗報をありがとうございます。

Ubuntuは流行を追って機能を取り入れ、朝令暮改のようなOSになっていましたが、ようやく正道に立ち戻ってくれるのは嬉しい限り。

これで中途半端な操作性がなくなり、OSSの開発者が増え、業務でWindowsを使わざるを得ない状況から脱却できると言うことないのですが。
  • 2017-04-07
  • りっせい
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2018 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 18.04の隠れた自動起動するアプリケーションをすべて表示する方法 Apr 13, 2019

Ubuntu 19.04は新機能にカーネル5.0やGNOME 3.32を搭載してリリース Apr 05, 2019

Electric Funeral - メタルっぽい雰囲気で統一されたアイコンテーマ Mar 30, 2019

Elements - 元素の分類がパステルカラーで色分けされた周期表アプリ Mar 23, 2019

Ubuntu 18.04 拡張機能なしでmacOSのような中央寄せのドックに変更する Mar 16, 2019

Panel OSD GNOME拡張機能 邪魔な通知バブルの位置を自由に変更できる Mar 09, 2019