互換性のないGNOME拡張機能をインストールする方法

「INCOMPATIBLE」と表示される拡張機能をインストールしたい

せっかく、GNOME Shell Extensionsでインストールしたい拡張機能を見つけても、「INCOMPATIBLE」と表示されインストールできないことがあります。

GNOME Shell Extensions 互換性なし

これは、管理者権限でインストールされているChrome拡張機能「GNOME Shell integration」により、GNOMEのバージョンと拡張機能の互換性がチェックされるためで、動作が保証されていない拡張機能はインストールできないようになっています。

互換性がなくても使ってみたいというときは、GNOME拡張機能のバージョンチェックをオフにすることで、インストールを試してみることができます。

GNOME拡張機能の互換性チェックをオフにしてインストールを試す

ここでは試しに、トップバーの日付と時計を好みの形式で表示できるClock overrideをインストールしてみます。

Clock overrideのページにアクセスすると、右上に「INCOMPATIBLE」と表示され、このままではインストールできません。

GNOME拡張機能の互換性チェックをオフにするには、以下のコマンドを実行します。

$ gsettings set org.gnome.shell disable-extension-version-validation "true"

Clock overrideのページをリロードすると、今度はON/OFFスイッチが有効になるので、「ON」にしてインストールしてみましょう。

GNOME Shell Extensions 互換性なし Clock override インストール

インストールが完了すると、トップバーの日付と時計が変わり、拡張機能のオプションを開けば、日付と時計の形式を自由に変更できるようになります。

日付や時刻を表すコードは、Python strftime referenceに記載されているので、参考にして好みの表示形式にカスタマイズしてみましょう。

他にもいくつか互換性のないGNOME拡張機能を試してみましたが、インストールがエラーになるもの、インストールが完了しても正常に動作しないものもありました。

GNOME拡張機能の互換性チェックをオフにするのは、あくまでもお試しなので、動作しないものの方が多いのかもしれませんね。

なお、もう一度、互換性チェックを有効にしたいときは、以下のコマンドを実行してください。

$ gsettings set org.gnome.shell disable-extension-version-validation "false"

互換性チェックを有効にすると、互換性のないインストール済みの拡張機能は、自動的に無効化されます。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2018 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 18.04で重複ファイルを検索して削除する方法(FSlintとfdupes) Apr 20, 2019

Ubuntu 18.04の隠れた自動起動するアプリケーションをすべて表示する方法 Apr 13, 2019

Ubuntu 19.04は新機能にカーネル5.0やGNOME 3.32を搭載してリリース Apr 05, 2019

Electric Funeral - メタルっぽい雰囲気で統一されたアイコンテーマ Mar 30, 2019

Elements - 元素の分類がパステルカラーで色分けされた周期表アプリ Mar 23, 2019

Ubuntu 18.04 拡張機能なしでmacOSのような中央寄せのドックに変更する Mar 16, 2019