Trash - GNOMEのトップバーにゴミ箱を追加する拡張機能

トップバーにゴミ箱アイコンを表示

Trashとは、GNOMEのトップバーにゴミ箱を追加して操作できる拡張機能です。

Trash Ubuntu GNOME拡張機能 ゴミ箱

Trash - GNOME Shell Extensions https://extensions.gnome.org/extension/48/trash/

Ubuntu 16.04 (GNOME 3.20) - Trash GNOME拡張機能
バージョンインストール方法起動方法
Trash 0.2.0Trashのページにあるスイッチを「ON」にしてインストールGNOME Tweak Toolの拡張機能から「Trash」を有効にする

ゴミ箱を空にする、ゴミ箱フォルダを開く、ゴミ箱の中身をプレビューするといった操作を、トップバーのアイコンからすばやく実行できるのが、Trash GNOME拡張機能です。

ゴミ箱が空のときは自動的にアイコンが非表示になるので、ゴミ箱にファイルが入っているかどうか、ひと目でわかります。

トップバーアイコンからゴミ箱を操作する

Trash GNOME拡張機能には、特にオプションはありません。GNOME Shell Extensionsからインストールして有効にすると、すぐにゴミ箱アイコンがトップバーに追加されます。

ゴミ箱が空のときはアイコンが自動的に隠れるので、ゴミ箱アイコンが表示されないというときは、何かファイルを削除してみましょう。

Trash Ubuntu GNOME拡張機能 ゴミ箱 メニュー

アイコンメニューには、ゴミ箱の中身のファイルがすべて表示されます(リストはスクロールでき、数に上限はないようです)。

ファイル名の先頭にはアイコンも表示されるので、ファイル形式がひとめてわかりますね

また、リストの並び順は、基本的に新しく削除したファイルが上に表示されるようですが、順番が変わる場合もあります。

ゴミ箱の中身を削除したいときは、アイコンメニューから「Empty Trash」を選びます。確認メッセージが表示されるので、「Empty」ボタンでゴミ箱を空にできます。

「Open Trash」メニューからは、ゴミ箱フォルダをファイルマネージャで開くこともできるので、中身を元に戻したいときはこちらから操作しましょう。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2020 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

SpaceFM マルチパネルとタブが使えるファイルマネージャー Jan 24, 2021

GSmartControl - SMARTデータを利用したハードディスク診断ツール Jan 09, 2021

Ubuntu 20.04でプレイできるレトロゲーム5選 Dec 19, 2020

Future cursors - オレンジ色のワンポイントが特徴的なマウスカーソルテーマ Dec 12, 2020

Ulauncher - キーワード入力式の軽量アプリケーションランチャー Dec 05, 2020

Desert - 白とグレーを使わない黄褐色の落ち着いたテーマ Nov 28, 2020