Nautilus Hide - ファイル名を変更せずにファイルを隠すための拡張機能

「.hidden」ファイルの生成を自動化

Nautilus Hideとは、リネームすることなくファイルやフォルダを隠すことができるNautilus拡張機能です。

Nautilus Hide Ubuntu ファイルを隠す

GitHub - nautilus-hide: https://github.com/brunonova/nautilus-hide

Ubuntu 16.04 (GNOME 3.20) - Nautilus Hide ファイルマネージャ
バージョンインストール方法起動方法
nautilus-hide 0.1.3-1Synapticパッケージマネージャから「nautilus-hide」で検索してインストールファイルマネージャの右クリックメニューから「Hide File」を選択する

Ubuntuでファイルやフォルダを隠すには、先頭にドット「.」を付けるのが手っ取り早いですが、ファイル名を変更しないで済む方法もあります。

それは、「.hidden」というファイル名のテキストファイルを作成して、そこに隠したいファイルやフォルダ名を記載する方法です。

この「.hidden」ファイルの生成とファイル名の入力を自動化してくれるのが、Nautilus Hide拡張機能です。

右クリックメニューからすばやくファイルを隠す

Nautilus Hide拡張機能をインストールしたら、ファイルマネージャを再起動して有効にしましょう。

隠したいファイルやフォルダを右クリックして、「Hide File」メニューを選択したら「F5」キーで更新します。

すると、そのファイルやフォルダが非表示になります。

Nautilus Hide Ubuntu ファイルを隠す 隠しファイルの表示

「Ctrl + H」キーで隠しファイルを表示すると、同じフォルダに「.hidden」ファイルが生成されているのがわかります。

「.hidden」ファイルをテキストエディタで開いたら、非表示にしたファイルやフォルダ名が記載されているか確認しましょう。

隠したファイルを再表示したいときは、「.hidden」ファイルからそのファイル名を削除して保存するだけです。

また、すべて再表示したいときは「.hidden」ファイル自体を削除しましょう。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2018 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 18.04で重複ファイルを検索して削除する方法(FSlintとfdupes) Apr 20, 2019

Ubuntu 18.04の隠れた自動起動するアプリケーションをすべて表示する方法 Apr 13, 2019

Ubuntu 19.04は新機能にカーネル5.0やGNOME 3.32を搭載してリリース Apr 05, 2019

Electric Funeral - メタルっぽい雰囲気で統一されたアイコンテーマ Mar 30, 2019

Elements - 元素の分類がパステルカラーで色分けされた周期表アプリ Mar 23, 2019

Ubuntu 18.04 拡張機能なしでmacOSのような中央寄せのドックに変更する Mar 16, 2019