Cryptkeeper - パスワードを設定したフォルダを簡単に作成できる暗号化フォルダマネージャ

EncFS暗号化ファイルシステムのフォルダをトップバーアイコンから操作

Cryptkeeperとは、暗号化ファイルシステムのEncFSを利用した暗号化フォルダマネージャです。

Cryptkeeper Ubuntu フォルダ 暗号化 パスワード

Ubuntu 16.04 (GNOME 3.20) - Cryptkeeper 暗号化フォルダマネージャ
バージョンインストール方法起動方法
Cryptkeeper 0.9.5Synapticパッケージマネージャから「cryptkeeper」で検索してインストールアクティビティオーバービューから「cryptkeeper」で検索して起動

Cryptkeeper - Tom Morton's beloved Website! http://tom.noflag.org.uk/cryptkeeper.html

Ubuntuでパスワードを設定した秘密のフォルダを作成したいときにおすすめなのが、Cryptkeeperです。

EncFSでは、ファイルシステム自体を暗号化するのではなく、仮想暗号化ファイルシステムを別に作成してマウントします。

Cryptkeeperを使えば、EncFSによるパスワード付き暗号化フォルダの作成や削除を、トップバーのアイコンから簡単に操作することができます。

暗号化フォルダを作成してパスワードを設定する

Cryptkeeperを起動すると、トップバーに鍵アイコンが表示されるので、クリックして「New Encrypted Folder」メニューを選びましょう。

Cryptkeeper Ubuntu 暗号化フォルダの作成

「Name」に新しく作成する暗号化フォルダの名前を入力して、その作成先を「Save in folder」から選択したら、「Forward」ボタンで次へ進みます。

Cryptkeeper Ubuntu パスワードの入力

パスワードの入力画面が表示されるので、設定するパスワードを入力して次へ進みます。

Cryptkeeper Ubuntu 暗号化フォルダ ファイルマネージャ

すると新しく暗号化フォルダが作成され、自動的にマウントされた状態でファイルマネージャが開きます。

あとは、そのフォルダに秘密にしたいファイルやフォルダをコピーしていきましょう。

暗号化フォルダをマウント/アンマウントする、削除する

Cryptkeeperで新しく暗号化フォルダを作成すると、そのフォルダ名がトップバーのアイコンメニューに表示されます(表示されない時はCryptkeeperを再起動してみてください)。

Cryptkeeper Ubuntu 暗号化フォルダ マウント パスワード

フォルダ名の左側にチェックがない状態がアンマウントで、このときファイルマネージャを開いてもフォルダが非表示になり、アクセスすることができません。

暗号化フォルダをマウントしたいときは、メニューからフォルダ名を選択して、パスワードを入力しましょう。

すると、暗号化フォルダがマウントされた状態でファイルマネージャが開いて、メニューにはチェックが入ります。

アンマウントしたいときは、もう一度フォルダ名を選択してチェックを外すだけです。

Cryptkeeper Ubuntu 暗号化フォルダ 削除

また、不要になった暗号化フォルダの削除は、「Edit」メニューから行います。

暗号化フォルダ一覧から削除したいフォルダを選択して、「Delete」ボタンで削除しましょう。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2018 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

fre:ac - 全自動CDリッピングに対応したリッピングソフト Feb 23, 2019

Noty - ペラペラとページをめくるように使える自動保存のメモ帳 Feb 16, 2019

Simply Circles - 単色サークルの極めてシンプルなアイコンテーマ Feb 09, 2019

Crow Translate - UbuntuデスクトップでGoogle翻訳が使える Feb 02, 2019

gotop - Go言語で開発された1ファイルのシステムモニタ―コマンド Jan 26, 2019

imgpコマンドで画像を一括リサイズする方法 Jan 19, 2019

Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com