Selene v17.7 デザインが一新されより使いやすくなった動画変換アプリ

タイルビューの追加やプリセットウィンドウのレイアウト変更など

多くの動画や音楽のファイル形式に対応した動画変換アプリSelene Media Converterのバージョン17.7がリリースされました。

Selene v17.7 Ubuntu 動画変換アプリ

selene-media-converter: An audio-video converter for Ubuntu https://github.com/teejee2008/selene-media-converter

Ubuntu 16.04 (GNOME 3.20) - Selene 動画変換アプリ
バージョンインストール方法起動方法
Selene v17.7GitHub - SeleneのReleaseページから「selene-v17.7-amd64.deb (438KB)」をダウンロードして、GDebiからインストールアクティビティオーバービューから「selene」で検索して起動

複数の動画や音楽ファイルをまとめて変換するのに便利な動画変換アプリが、Seleneです。

選択したフォーマットやコーデックによって変わる大きなロゴが特徴で、豊富なプリセットが内蔵されています。

Selene v17.7では、メインウィンドウでタイルビューとリストビューの切り替えができるようになり、また、プリセットウィンドウのレイアウトが変わるなど、より使いやすいデザインになっています。

タイルビューでサムネイルや動画の詳細情報を確認できる

Selene v17.7をインストールして起動したら、変換したい動画ファイルをまとめてメインウィンドウにドラッグ&ドロップしましょう。

Selene v17.7 Ubuntu 動画変換アプリ タイルビュー

デフォルトはタイルビューで、動画のサムネイルが表示されるようになりました。従来のリストビューには「Preferences」から戻すこともできます。

リストの左側にある矢印をクリックすれば、ビデオとオーディオそれぞれのコーデックや解像度、ビットレートなどの詳細情報を確認できます。

あとは、メインウィンドウの下部にある「Folder」から「presets」を選んで、「Preset」リストから変換先のファイル形式を選んだら、ツールバーの「Start」ボタンで動画変換しましょう。

Selene v17.7 Ubuntu 動画変換アプリ プリセット

「Edit Preset」ボタンをクリックすると、選択中のプリセットの編集画面が開きます。

選択したフォーマットやコーデックによってロゴが変わるので、何を編集しているのかひとめでわかりますね。

ここでは、変換に使用するコーデックやビットレートなどを細かく編集できるので、必要に応じて使うようにしましょう。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2019 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

pastel - 端末で色の表示やランダムカラー生成ができるコマンドラインツール Oct 12, 2019

Qimgv - フォルダビューが快適なQt5ベースの高速画像ビューア Sep 28, 2019

Ubuntu 18.04のスクリーンセーバーをXScreenSaverに置き換える Sep 21, 2019

Avidity - Ubuntu 18.04を完全なダークモードにできるテーマとアイコン Sep 14, 2019

Pngquant - ほぼ無劣化でPNG画像を70%も圧縮できるコマンドラインツール Sep 07, 2019

Translatium - 90以上の翻訳言語に対応した使いやすいUIの翻訳アプリ Aug 31, 2019